データアクション統合の要件

注意:この記事は、Adobe、AWS Lambda、Genesys Cloud、Google、Microsoft Dynamics 365、Salesforce、Webサービス、Zendeskデータアクションの統合に適用されます。

この記事では、データアクションの統合を実行するためのサードパーティおよびGenesys Cloudの要件をすべて示します。

アドビ

  • Adobe Experience Platformアカウント。
  • Adobe Experience PlatformアカウントへのAPIアクセスを許可するプロジェクト。

Genesysクラウド

  • Genesys Cloud組織。
  • 統合およびアクションの管理者には、以下の権限 (最小値) が選択されています。
    メモ
    • Genesys Cloudの権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 個別の統合 > ; アクション権限を選択する代わりに、 統合 > ; アクション > ; すべてのアクセス許可. このアクセス許可により、管理者は現在および将来のすべてのアクセス許可 (アクションを含む) にアクセスできます。
    • 統合 > ; 統合 > ; 編集 そして ビュー

      管理者はこれらのアクセス許可を使用して統合を編集および表示できます。

    • 統合 > ; アクション > ; 追加, 削除, 編集, 実行そして ビュー

      管理者はこれらの権限を使用して、カスタムアクションの追加、削除、編集、テスト、および表示を行うことができます。

  • インストールされている1つ以上のアドビデータアクション統合。詳細については、 データアクション統合を追加する

統合の詳細については、 アドビのデータアクション統合について.

AWS アカウント

  • 次の特性を持つ AWS Lambda 関数 :
    • JSON ベースの入力と出力をサポートしています。
    • それは20秒未満で実行されます。
  • 1つ以上の AWS ポリシーまたは AWS Lambda 関数にアクセスできる IAM ロール。詳細については、 AWS Lambda関数を呼び出すためのIAMリソースを作成する

Genesysクラウド

  • Genesys Cloud組織。
  • 統合およびアクションの管理者には、以下の権限 (最小値) が選択されています。
    メモ
    • Genesys Cloudの権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 個別の統合 > ; アクション権限を選択する代わりに、 統合 > ; アクション > ; すべてのアクセス許可. このアクセス許可により、管理者は現在および将来のすべてのアクセス許可 (アクションを含む) にアクセスできます。
    • 統合 > ; 統合 > ; 編集 そして ビュー

      管理者はこれらのアクセス許可を使用して統合を編集および表示できます。

    • 統合 > ; アクション > ; 追加, 削除, 編集, 実行そして ビュー
      管理者はこれらの権限を使用して、カスタムアクションの追加、削除、編集、テスト、および表示を行うことができます。
  • 1つまたは複数の AWS Lambda データアクションインテグレーションがインストールされている。詳細については、 データアクション統合を追加する
  • Genesys Cloudの統合認証情報に追加されたIAM役割。

統合について詳しくは、以下を参照してください。 AWS Lambdaデータアクション統合について

Genesysクラウド

  • Genesys Cloud組織。
  • Platform APIへのアクセスを承認するGenesys Cloud OAuthクライアント。

    Genesys Cloudデータアクション統合を追加する場合、統合構成にOAuth資格情報を追加する必要があります。 詳細については、以下を参照してください。 OAuthクライアントの作成 および 許可 (Genesys Cloud Developer Center)。

  • 統合およびアクションの管理者には、以下の権限 (最小値) が選択されています。
    メモ
    • Genesys Cloudの権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 個別の統合 > ; アクション権限を選択する代わりに、 統合 > ; アクション > ; すべてのアクセス許可. このアクセス許可により、管理者は現在および将来のすべてのアクセス許可 (アクションを含む) にアクセスできます。
    • 統合 > ; 統合 > ; 編集 そして ビュー

      管理者はこれらのアクセス許可を使用して統合を編集および表示できます。

    • 統合 > ; アクション > ; 追加, 削除, 編集, 実行そして ビュー

      管理者はこれらの権限を使用して、カスタムアクションの追加、削除、編集、テスト、および表示を行うことができます。

  • 1つ以上のGenesys Cloudデータアクション統合。詳細については、 データアクション統合を追加する
  • HTTP メソッドの GET、PUT、POST、または PATCH を使用してプラットフォーム API にアクセスするアクション。

統合の詳細については、以下を参照してください。Genesys Cloudデータアクションインテグレーションについて.

Google

  • Google Cloud PlatformまたはG Suiteアカウント。
  • Google Cloud PlatformまたはG Suite APIへのAPIアクセスを許可するプロジェクト。
  • Google Cloud Platformの構成。

    詳細については、 Google Cloud Platformを構成する.

Genesysクラウド

  • Genesys Cloud組織。
  • 統合およびアクションの管理者には、以下の権限 (最小値) が選択されています。
    メモ
    • Genesys Cloudの権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 個別の統合 > ; アクション権限を選択する代わりに、 統合 > ; アクション > ; すべてのアクセス許可. このアクセス許可により、管理者は現在および将来のすべてのアクセス許可 (アクションを含む) にアクセスできます。
    • 統合 > ; 統合 > ; 編集 そして ビュー

      管理者はこれらのアクセス許可を使用して統合を編集および表示できます。

    • 統合 > ; アクション > ; 追加, 削除, 編集, 実行そして ビュー

      管理者はこれらの権限を使用して、カスタムアクションの追加、削除、編集、テスト、および表示を行うことができます。

  • インストールされている1つ以上のGoogleデータアクション統合。詳細については、 データアクション統合を追加する

統合の詳細については、 Googleデータアクションの統合について.

Microsoft Dynamics 365

  • ユーザーは、Microsoft Dynamics 365 データ操作の統合で利用できるようにする任意のデータにアクセスできます。

    統合をGenesys Cloud組織に追加する場合は、Microsoft Dynamics 365の資格情報にこのユーザー資格情報を使用します。詳細については、 データアクションの統合の追加.

  • Azure Active Directory に登録されている統合。

    統合をGenesys Cloud組織に追加するときに作成されるアプリケーションIDを使用します。詳細については、 統合を登録 そして データアクションの統合の追加.

Genesysクラウド

  • Genesys Cloud組織。
  • 統合およびアクションの管理者には、以下の権限 (最小値) が選択されています。
    メモ
    • Genesys Cloudの権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 個別の統合 > ; アクション権限を選択する代わりに、 統合 > ; アクション > ; すべてのアクセス許可. このアクセス許可により、管理者は現在および将来のすべてのアクセス許可 (アクションを含む) にアクセスできます。
    • 統合 > ; 統合 > ; 編集 そして ビュー

      管理者はこれらのアクセス許可を使用して統合を編集および表示できます。

    • 統合 > ; アクション > ; 追加, 削除, 編集, 実行そして ビュー

      管理者はこれらの権限を使用して、カスタムアクションの追加、削除、編集、テスト、および表示を行うことができます。

  • 1つ以上のインストールされている Microsoft Dynamics 365 データアクションの統合。詳細については、 データアクション統合を追加する

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Microsoft Dynamics 365データアクション統合について

Salesforce

メモ: Salesforce でこれらの設定を選択しない場合、統合に関連付けられているすべてのデータアクションは失敗します。
  • Genesys Cloudで使用される標準フィールドおよびカスタムフィールドにアクセスできるユーザー(システム管理者が望ましい)。

    次の設定が選択されている Salesforce のプロファイルに、このユーザーを関連付けます。

    • API 有効 
    • すべて見る (取引先、ケース、連絡先の場合) 

    Genesys Cloudで統合を追加する場合は、Salesforce資格情報にこのユーザー資格情報を使用します。詳細については、 データアクション統合を追加する

Genesysクラウド

  • Genesys Cloud組織。
  • 統合およびアクションの管理者には、以下の権限 (最小値) が選択されています。
    メモ
    • Genesys Cloudの権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 個別の統合 > ; アクション権限を選択する代わりに、 統合 > ; アクション > ; すべてのアクセス許可. このアクセス許可により、管理者は現在および将来のすべてのアクセス許可 (アクションを含む) にアクセスできます。
    • 統合 > ; 統合 > ; 編集 そして ビュー

      管理者はこれらのアクセス許可を使用して統合を編集および表示できます。

    • 統合 > ; アクション > ; 追加, 削除, 編集, 実行そして ビュー

      管理者はこれらの権限を使用して、カスタムアクションの追加、削除、編集、テスト、および表示を行うことができます。

  • 1つ以上のインストール済み Salesforce データ・アクション統合。詳細については、 データアクション統合を追加する

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Salesforceデータアクション統合について

Web サービス

  • 次の項目をサポートする web サービス。
    • JSON ベースの web サービス呼び出し。
    • 認証、基本認証、ユーザー定義認証、またはユーザー定義 (OAuth) 認証は不要です。詳細については、 資格情報の種類.
    • HTTP メソッドは、取得、配置、投稿、またはパッチを適用します。
    • ポート443のHTTPS エンドポイント。
      注意:この統合では、他のポートはサポートされません。詳細については、 443以外のポートで実行されているWebサービスを呼び出すことができますか?
    • TLS 1.2 または TLS 1.3 暗号化プロトコル。
    • Mozilla の CA 証明書プログラムによって信頼されている、公的認証局の 1 社からの公に信頼された証明書を提示します。
    • TLS ネゴシエーション中にすべての中間証明書を提供します。

Genesysクラウド

  • Genesys Cloud組織。
  • 統合およびアクションの管理者には、以下の権限 (最小値) が選択されています。
    メモ
    • Genesys Cloudの権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 個別の統合 > ; アクション権限を選択する代わりに、 統合 > ; アクション > ; すべてのアクセス許可. このアクセス許可により、管理者は現在および将来のすべてのアクセス許可 (アクションを含む) にアクセスできます。
    • 統合 > ; 統合 > ; 編集 そして ビュー

      管理者はこれらのアクセス許可を使用して統合を編集および表示できます。

    • 統合 > ; アクション > ; 追加, 削除, 編集, 実行そして ビュー

      管理者はこれらの権限を使用して、カスタムアクションの追加、削除、編集、テスト、および表示を行うことができます。

  • 1つ以上のインストール済み Web サービス データ アクション統合。詳細については、 データアクション統合を追加する
  • Webサービスに必要な場合、Genesys Cloudの統合構成に追加された認証資格情報。

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Web サービス データアクションの統合について

Zendesk

  • Zendesk の検証済みユーザー (好ましくは、アクセス制御の目的で管理者)。

    統合をGenesys Cloud組織に追加する場合、Zendeskの認証情報にこのユーザーIDを使用します。詳細については、 データアクション統合を追加する

  • API トークン。

Genesysクラウド

  • Genesys Cloud組織。
  • 統合およびアクションの管理者には、以下の権限 (最小値) が選択されています。
    メモ
    • Genesys Cloudの権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 個別の統合 > ; アクション権限を選択する代わりに、 統合 > ; アクション > ; すべてのアクセス許可. このアクセス許可により、管理者は現在および将来のすべてのアクセス許可 (アクションを含む) にアクセスできます。
    • 統合 > ; 統合 > ; 編集 そして ビュー

      管理者はこれらのアクセス許可を使用して統合を編集および表示できます。

    • 統合 > ; アクション > ; 追加, 削除, 編集, 実行そして ビュー

      管理者はこれらの権限を使用して、カスタムアクションの追加、削除、編集、テスト、および表示を行うことができます。

  • 1つ以上のインストール済み Zendesk データ・アクション統合。詳細については、 データアクション統合を追加する

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Zendeskデータアクション統合について