Web サービス データアクション統合の資格情報の種類


注意:この記事は、Web サービス データアクション統合に適用されます。

Web サービス データアクションの統合により、Webサービスを認証するために次の資格情報タイプを使用できます。統合を追加するときに、これらの資格情報タイプを選択できます。

警告:統合アクションとパブリッシュアクションを構成した後は、資格情報の種類を変更しないでください。資格情報の種類を変更すると、使用中のアクションが壊れる可能性があります。アクティブな統合を新しい資格情報の種類に移行するには、連絡先 PureCloud カスタマーケア

基本認証

基本認証資格情報タイプは、Webサービスにユーザー名とパスワード(オプション)を使用します。その後、統合はすべてのアクション要求とともに基本認証ヘッダーを送信します。

ユーザー定義

ユーザー定義の資格情報タイプでは、資格情報に追加するフィールドと値を使用します。次に、作成したカスタムアクションに対するリクエストでこの認証情報を使用します。統合は、アクション要求ごとに構成済み認証プロパティーを送信します。詳細については、 ユーザー定義資格情報タイプの使用方法

ユーザー定義 (OAuth)

ユーザー定義(OAuth)信任状タイプは、信任状情報に追加したフィールドと値を使用します。この認証情報タイプは、OAuthのような認証モデルに従います。統合はこの資格情報を認証エンドポイントに一度だけ送信して、Webサービスから認証応答を受け取ります。次に、作成したカスタムアクションの要求で認証応答からのフィールドを使用します。詳細については、 ユーザー定義(OAuth)資格情報の種類を使用する方法 そして ユーザー定義(OAuth)信任状タイプのワークフロー

詳細については、 データアクション統合を追加する

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Web サービス データアクションの統合について