データアクションの統合について

注意:この記事は、Adobe、AWS Lambda、Genesys Cloud、Google、Microsoft Dynamics 365、Salesforce、Webサービス、Zendeskデータアクションの統合に適用されます。

データアクションの統合により、外部システムとツールを使用してデータを収集し、Genesys Cloudアプリケーションでアクションを実行できます。静的アクションまたはカスタムアクションにより、インテグレーションはサードパーティシステムのデータに作用し、AWS Lambda関数を呼び出す、Genesys Cloud Platform APIを呼び出す、またはJSONベースのWebサービスとのインターフェースを取ることができます。次に、このデータを使用して、 Architectインタラクションフロー内でルーティングを決定したり、スクリプトでエージェントに情報を提示したり、他の方法でデータを操作したりできます。

AWS Lambda関数

AWSアカウントでデータアクションを使用できます。


Genesysクラウド

データアクションはGenesys Cloud Platform APIで使用できます。


サードパーティー システム

Adobe、Google、Microsoft Dynamics 365、 Salesforce 、またはZendeskでデータアクションを使用できます。


ウェブサービス

JSONベースのWebサービスでデータアクションを使用できます。