メモ:   この記事は、Microsoft Dynamics 365データアクション統合に適用されます。

Microsoft Dynamics 365データアクション統合を追加する前に、アプリケーションを登録する必要があります。マイクロソフト エントラ ID 。アプリケーションを登録することによって、あなたはそれが動作することを可能にするアプリケーションに許可を与えます。 Microsoft Dynamics 365データアクション統合を追加するときに、資格情報に必要なアプリケーションIDも生成します。

  1. アプリケーション登録を追加します。
    1. Azure ポータルで、Microsoft Entra ID を選択します。
    2. 左側のナビゲーションメニューで、アプリ登録
    3. ウィンドウ上部のをクリックします 新規登録.
    4. 以下の情報を入力してください。
      • 名前: アプリケーションの名前。たとえば、Microsoft Dynamics 365データアクション統合。
      • サポートされているアカウントの種類: このアプリケーションにアクセスできるユーザーを選択してください。
      • リダイレクトURI(オプション): https ://foo.comなど、有効なURI形式を入力してください。 
    5. クリック 登録.

      アプリケーションが登録済みアプリケーションのリストに表示されます。

  2. アプリケーションに必要な権限を追加します。
    1. クリック APIパーミッションの表示.
    2. クリック 許可を追加する.
    3. クリック ダイナミクスCRM.
    4. を選択 user_impersonation チェックボックス
    5. クリック 権限を追加する.
  3. Azure Active Directoryアカウントに、アプリケーションを使用するためのアクセス許可を付与します。
    1. クリック {あなたの組織名}に管理者同意を付与します
  4. アプリケーションをパブリッククライアントにする。
    1. 下 管理する、クリック 認証.
    2. デフォルトのクライアントタイプ、 有効にするパブリッククライアントフローを許可する
    3. 保存するをクリックします。

次、 統合を追加する

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Microsoft Dynamics 365データアクション統合について