2019年11月06日


Contact Center

Web チャット ウィジェットとAltocloud のためのチャットフローとチャットボットのサポート

PureCloudはバージョン2 Web チャット ウィジェットとAltocloudのためのチャットフローとchatbotsをサポートするようになりました 。これらの機能強化は、レバレッジチャットへの管理者と開発者は、ルーティングのためのフローを可能にする、自動応答 、およびchatbotsは、提供することを目的とチャットソリューションあなたのウェブサイトを訪れる顧客のため。詳細については、 Web チャット用のウィジェット作成する そして 高度なチャットルーティングをAltocloudをご覧ください。

Web チャット許可ドメイン

管理者は、顧客が開始することができ、そこからドメインを指定することができWeb チャットバージョン2と第3のための相手のウィジェット。この機能により、認証済みチャットを使用しないWeb チャットチャットウィジェット展開のセキュリティ制御が強化されます。詳細については、 Web チャット用のウィジェット作成するをご覧ください。

Architect動的参照グループ

管理者とコンタクトセンターの管理者は、今すぐ設定動的に選択する流れができPureCloudでグループをランタイム 。この機能により、フローはデータデータ アクションまたはデータルックアップテーブルからデータを取得し、その情報を使用してグループに直接転送する前にグループを設定できます。組織は、顧客またはインタラクションデータに基づいて適切なエージェントグループに送信することにより、顧客インタラクションをパーソナライズできます。詳細については、 グループ検索アクションをご覧ください。

動的に参照するユーザーに電子メールでArchitect

管理者とコンタクトセンターの管理者は、今すぐ設定を動的に選択するように流れができユーザー実行時に電子メールで。この機能 、顧客パーソナライズすることが可能になりますインタラクション右にそれらを送信することにより、 ユーザー顧客またはに基づいてインタラクションのデータ。詳細については、 ユーザーの検索アクションをご覧ください。

時間値形式のエクスポートオプション

コンタクトセンターマネージャーは、期間列を含むビューからデータをエクスポートするときに、HH:MM:SS:mmmの時間値をフォーマットできるようになりました。詳細については、 ビューデータをエクスポートする

アクティビティをエージェントスケジュールに追加またはコピーする

ワークフォース管理には、1つ以上のエージェントスケジュールにアクティビティを追加またはコピーする機能が含まれるようになりました カバレッジの影響に基づいたさまざまな挿入ルールと提案の使用. この機能により、管理者とコンタクトセンターのスーパーバイザーは、 スケジュール編集プロセスをより簡単に管理できます。詳細については、 1つ以上のエージェントにアクティビティを追加する そして アクティビティを他のエージェントにコピーするをご覧ください。

インライン画像をメールで送信

エージェントは、インライン画像をメールで送信できるようになりました。詳細については、 メールメッセージにインライン画像を追加するをご覧ください。

メール転送

エージェントは、内部および外部の受信者に電子メールを転送できるようになりました。転送される電子メールには、すべてのインライン画像、添付ファイル、および履歴が含まれます。詳細については、 メールを転送するをご覧ください。

統合

送信トラフィックデータ アクショントラフィックの IP アドレス

管理者は、outbounddata データ アクショントラフィックのIPアドレスを取得してホワイトリストに登録できるようになりました。詳細については、 会社のファイアウォールを構成するポートとサービスの「ドメインとIPアドレス」をご覧ください。