2022年2月23日

プラットフォーム

GenesysCloudはパッケージと価格の変更を提供します

Genesys Cloudは、既存のプラットフォーム提供バンドルを強化して最適なビジネス成果を達成し、アドオンバンドルを調整して、組織に完全な労働力エンゲージメントと重要なデジタル機能を提供しました。 デジタルアドオンバンドルの変更の一環として、Genesys Cloud User 1 Digital UpgradeIIが唯一のデジタルアドオンオファーになりました。 これらのパッケージの変更は、2022年2月23日から有効になります。 更新された価格は、新規契約、更新、および月々の顧客に適用されます。 詳細については、コミュニティのGenesys Cloud CX FY23オファーの更新 Genesys CloudCXの価格、 と サブスクリプションについてを参照してください。 この機能は、Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud User 1 Digital Upgrade II、Genesys Cloud User 1 WEM Upgrade II、およびGenesys Cloud User 2 WEM UpgradeIに適用されます。

BYOCクラウドの料金モデルの変更

2022年2月23日、GenesysCloudはBYOCCloudの価格モデルを変更しました 1分あたりの使用料モデルからフェアユースポリシーまで。 詳細については、BYOCクラウドの価格を参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

フェアユースの音声文字変換の価格変更

2022年2月23日、Genesys Cloudは、音声文字変換の割り当てを超えた顧客に対する音声文字変換の超過料金を改訂しました。 詳細については、フェアユースの音声文字変換料金を参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー3、Genesysクラウド1 WEMアップグレード2、Genesysクラウド2 WEMアップグレード1。

Contact Center

エージェント所有のコールバックリクエストとスケジュールされたコールバックビュー

エージェントは、スケジュールされたコールバックの完全な所有権を取得できるようになりました。 コールバックを所有するエージェントがスケジュールされたコールバック時間に利用できない場合、コールバックはエージェントが利用可能になるのを待ちます。 スケジュールされたエージェント所有のコールバックが[スケジュールされたコールバック]ビューに表示されるようになり、スーパーバイザはそれらを再スケジュール、再割り当て、またはキャンセルできます。 詳細については、音声対話中にコールバックをスケジュールする、コールバックおよびソーシャル表現チャネル キューの作成と構成、 と コールバックのスケジュールビューを参照してください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

予測ルーティングのスキルマッチング

管理者は、予測ルーティングを使用するように構成された個々のキューのスキルマッチングをオンまたはオフにできるようになりました。 スキルマッチングにより、組織は、インバウンドインタラクションの予測ルーティング決定に必要なスキルを持つエージェントのみを検討できます。 詳細については、スキルマッチングを参照してください。この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

オランダ語と 韓国語の音声文字変換ビューと検索のサポート

オランダ語(nl-NL)と韓国語(ko-KR)で、音声文字変換の表示と検索のサポートが利用できるようになりました。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloud対応言語. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー3、Genesysクラウド1 WEMアップグレード2、Genesysクラウド2 WEMアップグレード1。

廃止のお知らせ

アーキテクトの顧客アクションによるジャーニーセッションの取得の削除

2022年2月23日、GenesysはArchitectのGet Journey Sessions byCustomerアクションを削除しました。 その結果、フロー作成者は、カスタムデータアクションまたは代替データアクションを使用して同じ機能を実現できます。 詳細については、廃止予定: IDアクションでジャーニーセッションを取得をご覧ください。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、またはGenesys Cloud User 1 DigitalII。