2020年11月4日

Communicate

クラウド・メディア・サービスのCIDR IPアドレス範囲

Genesysは、Genesys Cloudのパブリック向けメディアサービス用に、IPアドレスの/20 CIDRブロックを購入しました。 このCIDRブロックは、管理者がファイアウォール上のallowlistに追加して、電話エンドポイントとのアウトバウンド接続に使用するIPアドレスの範囲を狭めます。 Amazon AWS IPアドレスJSONファイルを使用するお客様は、ファイアウォールを構成して、新しいCIDR IPアドレスに今すぐアクセスできるようにし、組織が2021年前半のカットオーバーの準備が整っていることを確認する必要があります。 詳細については、以下を参照してください。 クラウド・メディア・サービスのCIDR IPアドレス範囲. 

Contact Center

AppFoundryで利用可能なGenesys仮想エージェントサービス

Google CCAIを搭載したGenesys仮想エージェントサービスは、AppFoundryからプレミアムアプリケーションとして購入できるようになりました。これにより、Genesys Cloud請求システムとの効率的なインストールと完全な統合が可能になります。 統合請求により、管理者はGenesysとGoogleアカウントの両方について、1つの請求書で組織全体の価格設定と使用状況のデータを追跡できます。 詳細については、以下を参照してください。Genesys AppFoundryからのGenesys仮想エージェントサービスのインストール

Genesysダイアログエンジンでのボットのバージョン管理

管理者とコンタクトセンター管理者は、Genesys Dialog Engine 内でボットのバージョン管理ができるようになりました。 この機能により、ボット作成者はボットをバックアップし、必要に応じて以前のバージョンにロールバックできます。 詳細については、以下を参照してください。ボットのバージョン管理

プラットフォーム

Genesys Cloudのブランド変更の更新

Genesys Cloudの製品名とロゴのリブランドは現在、多くの製品インターフェイス、インストール、ウェブサイト、ドキュメント、サポートツールに登場しており、2021年に向けて順次変更していきます。 Genesysは2021年第1四半期にドメイン名変更の取り組みをレビューし、作業開始前にかなり前もって更新を提供します。 詳細については、以下を参照してください。 PureCloudからGenesys CloudへのFAQコミュニティで。

廃止のお知らせ

Genesys Cloud 2ユーザーのスクリーン記録ポリシーの変更 

オン 、Genesys Cloud 2ユーザーの画面記録ポリシーの変更が有効になりました。 詳細については、以下を参照してください。Genesys Cloud 2ユーザーのスクリーン記録ポリシーの変更およびデータストレージ料金の例。

サイト API 呼び出し属性要件の変更を作成

オン 、Create Site API コール /api/v2/telephony/providers/edges/sites には、新しい属性 mediaModel が必要です。 Genesysでは、カスタムアプリケーションを変更して、サイトのmediaModel属性をできるだけ早く指定することをお勧めします。 詳細については、以下を参照してください。サイト API 呼び出し属性要件の変更を作成

ブリッジ サーバ非推奨の更新

開始 お客様は、新しいBridgeサーバーインスタンスをインストールしたり、Bridgeサーバーのサポートケースを開いたりすることはできません。 このサポート終了日は、Bridgeプラットフォームで予定されているマイルストーンの1つとして廃止 。 詳細については、廃止予定: Genesys Cloud Bridgeインテグレーション 

CICデータコネクタ廃止更新

開始 お客様は、CICデータコネクタ統合のサポートケースを開くことはできなくなりました。 このサポート終了日は、Bridgeプラットフォームで予定されているマイルストーンの1つとして廃止 。 詳細については、廃止予定: Genesys Cloud Bridgeインテグレーション