2021年6月30日

Communicate

FCCの新しいロボコール緩和フレームワーク(STIR/SHAKEN)に準拠したGenesysクラウド

2021年6月30日の時点で、米国連邦通信委員会(FCC)は、STIR / SHAKENとして知られる新しいロボコール緩和フレームワークを義務付けました。 (安全な電話IDの再検討/ toKENを使用したアサートされた情報の署名ベースの処理)。 Genesysは、STIR / SHAKENマンデートのFCC要件を満たすために、社内およびキャリアパートナーと協力して取り組んでいます。 詳細については、を参照してください。 GenesysCloudによるSTIR / SHAKENマンデートのサポート。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

Contact Center

GoogleDialogflowボットでアーキテクトプロンプトを使用する

管理者とフロー作成者は、テキスト読み上げ(TTS)の代わりに、GoogleDialogflowボットでアーキテクトプロンプトを作成して使用できるようになりました。 管理者は、確立されたDialogflowプロンプトを事前に記録してから、Architectに保存することで活用できます。 この機能により、ボットフローがプロンプトを呼び出すたびにTTSをレンダリングするコストが削減されます。 詳細については、を参照してください。 GoogleDialogflowボットでアーキテクトプロンプトを使用する。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

プラットフォーム

仮想デスクトップインフラストラクチャ 

Genesys Cloudは、セキュリティ改善の取り組みの一環として、仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)を採用し、当社のクラウド環境から顧客データが外部に流出する可能性を制限しています。 新しい機能に適応するため、お客様は何もする必要はありません。 ただし、カスタマー・ケアとサポートのやり取りにわずかな違いが生じる場合があります。たとえば、Genesys Cloud内からログ・サンプルを共有するアクセスが減り、ログ保持タイマーが減り、調査時間がわずかに長くなるなどです。 Genesys Cloudは現在、米国東部、米国西部、EUフランクフルト、EUアイルランド、EUロンドン、およびアジア太平洋(シドニー)地域でVDIツールを使用しています。 残りの地域の採用は、今年後半に続きます。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

廃止のお知らせ

ジャーニーレポーティングサービスの廃止

2021年7月28日以降、開発者はJourney ReportingServiceエンドポイントを使用できなくなります。 これらのエンドポイントを使用する開発者は、廃止日の前にAnalyticsAPIエンドポイントに移行する必要があります。 詳細については、廃止予定: ジャーニーレポーティングサービス。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloudユーザー2または Genesysクラウドユーザー 3.

Genesys Cloud Ruby SDKの廃止 

Genesys Cloud Ruby Platform SDKの廃止を完了するために、2021年6月30日に、GenesysはRubySDKのドキュメントと補助的なRubySDKリソースを開発者センターから削除しました。 ソースコードはにアーカイブされています GitHub将来削除通知が発行されない限り、サポート、保証、または更新なしで、そのまま残ります。 詳細については、廃止予定: Genesysクラウド・ルビーSDK この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。