2021年8月18日

Contact Center

ナレッジワークベンチの紹介

ナレッジワークベンチを使用すると、ナレッジ作成者はナレッジを作成および管理できます。 検索結果の知識を最適化し、DialogEngineボットフローの知識を活用します 顧客の質問に一致する結果を表示します。 ナレッジワークベンチは、レポートデータも返し、ナレッジ作成者が教師あり学習を提供してナレッジ検索結果を改善するのに役立ちます。 詳細については、を参照してください。 ナレッジワークベンチについて この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloudユーザー2または Genesysクラウドユーザー 3.

Genesys Cloud Dialog Engineのボットフローでナレッジボットを構築する

管理者とコンタクトセンターマネージャーは、DialogEngineボットフローを使用してArchitect内にナレッジボットを構築できるようになりました。 この機能により、管理者は、顧客から送信された情報の質問に答えるFAQボットを作成できます。 詳細については、 ボットに知識を追加する. この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloudユーザー2または Genesysクラウドユーザー 3.

パフォーマンスビューでのインタラクション用の外部タグフィルター

管理者とコンタクトセンターのマネージャーは、インタラクションに外部タグを付けて、インタラクションをフィルタリングおよび検索できるようになりました。 アーキテクトの音声、電子メール、およびメッセージフローで外部タグを設定し、パフォーマンスビューの新しい外部タグフィルターを使用してそれらのタグとの相互作用を識別します。 詳細については、を参照してください。 外部タグアクションの設定インタラクションビューエージェントインタラクションの詳細ビューキューの相互作用の詳細ビュー、 と スケジュールされたコールバックビュー。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloud User 1、Genesys Cloud User 2、またはGenesys Cloud User 3。

コンテンツ検索ビューでメディアタイプでデジタルインタラクションをフィルタリングする

コンタクトセンターのマネージャーとエージェントは、コンテンツ検索ビューでメディアタイプによってデジタルインタラクションをフィルタリングできるようになりました。 詳細については、以下を参照してください。 コンテンツ検索ビュー. この機能を使用するには、次のサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー 3.

APIを介して履歴データを予測する際の労働力管理へのアクセス

管理者とコンタクトセンターのマネージャーは、Historical DataAPIを使用して履歴データのインポートを予測するWorkforceManagementにアクセスできるようになりました。 この機能強化により、プランナーは、ネイティブのGenesys Cloud履歴データの収集を待つ前に、ワークフォース管理で予測とスケジュールを作成することができます。 詳細については、の履歴データのインポートセクションを参照してください。 労働力管理について リソースセンターと 履歴データのインポート 開発者センターで。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー3、Genesysクラウド1 WEMアップグレード2、Genesysクラウド2 WEMアップグレード1。

プラットフォーム

OAuth2認証のためのコード交換許可の証明キー

Genesysは現在、 OAuth 2認証用のコード交換用プルーフキー(PKCE)付与タイプ。 PKCEグラントは、パブリッククライアントが認証コードの傍受の脅威を軽減するのに役立ちます。 開発者は、承認リクエストで適切なパラメータを送信することにより、組織のOAuthクライアントがPKCE付与を使用できるようにすることができます。 詳細については、 認可 デベロッパーセンターで この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。