2020年06月17日


Contact Center

Nuance 音声合成 統合の紹介

Nuanceの音声合成エンジンがGenesys AppFoundryから入手できるようになりました。一緒にこの統合、 Genesysの他のサードぱパーティー TTS製品は、言語オプションを拡大し、自分の組織のための最も適切なTTSの声を選択するために顧客を可能にします。また、 Architect今のNuance TTSと統合することができますソリューションのために音声合成(TTS) 再生フロー単位で。この機能が必要 エッジおよびメディア層バージョン1.0.0.7920以降。詳細については、 音声合成 ( TTS )(TTS)エンジンについてをご覧ください。

安全なコールフローのためのAmazon PollyとGoogle Cloudの音声合成のサポート

Amazon PollyおよびGoogle Cloud Text-to-Speechエンジンが、 Architect安全なコールフローで使用できるようになりました。管理者はセキュアフローのTTS機能を使用して、選択した言語と音声で発信者にテキストを再生できます。詳細については、 音声合成 ( TTS )(TTS)エンジンについてをご覧ください。

安全なコールフローのためのAmazon LexとGoogle Dialogflowボットの統合サポート

Amazon LexおよびGoogle DialogflowボットアクションがArchitect安全な呼び出しフローで使用できるようになりました。管理者は、自然言語処理を使用して入力を収集するための安全なフローでボットアクションを使用できます。詳細については、Lex Botアクションを呼び出すそしてDialogflowボットアクションの呼び出しをご覧ください。

カスタマーアクションによるジャーニーセッションの取得とArchitectジャーニーセッションアクションの取得

管理者とコンタクトセンターのマネージャーは、 ArchitectワークフローのPredictive Engagement( Altocloud )の新しい顧客別Get Journey Sessionsアクションを使用して、特定の顧客IDの現在のセッションと以前のセッションを取得できます。このアクションで履歴セッション情報を使用しサードパーティーのシステム内の顧客プロファイルを充実させます。また、既存のGet Journey SessionアクションがArchitectチャットフローで使用できるようになりました。詳細については、 顧客アクション別のジャーニーセッションを取得する そして ジャーニーセッションアクションを取得をご覧ください。

廃止予定

スクリーンレコーディング 、評価、および調査の許可変更の延期

Genesysは、 2020年05月06日に、 2020年06月17日 の変更日とともにスクリーンレコーディング 、評価、および調査のルーティング許可の変更を発表しました。Genesysは変更日を延期しました 2020年06月24日. 詳細については、 スクリーンレコーディング 、評価、調査の許可の変更をご覧ください。