2016年02月05日


Communicate

新機能と機能性

  • PureCloud Voiceの紹介!PureCloud声が提供テレフォニーするサービスをCommunicateとEngageの顧客をクラウド展開モデル(CDM) Edgeデバイスがクラウドで管理されています。
    • PureCloudで使用するために、DIDおよびフリーPureCloud番号を検索および購入する機能が含まれていアプリケーション 。
    • を参照してください PureCloud Voiceについて 論文。

コンタクトセンター

新機能と機能性

  • エージェントの使用率を設定できるようになりました。この機能 、組織はエージェントにルーティングされる各タイプの最大対話数を制御できるようになりました。同時に、この機能は、どの対話タイプを中断できるかを制御できる設定を導入します。この新しい機能性詳細については、 エージェント使用率を構成する 論文。
  • プレビューモードでレコーディングをダイヤルするための通話前のルール
    • この機能により、連絡先リストのフィールド、電話番号、または電話の種類を条件として使用して、そのレコードをダイヤルするキャンペーン既存モードに対して、プレビューモードでレコードをダイヤルできます。プレビューモード
  • 発信者ID(ANI)の機能強化
    • 以前は、ユーザーは発信者IDの数字とテキスト(名前)をパルス出力することができました。この機能強化により、これらのフィールドが分離され、レコードがANIで電話番号を設定し、 キャンペーンが名前を設定できるようになりました。これにより、同じ会社名をブロードキャストしながら、異なる電話番号を使用できます。発信者ID

統合

PureCloud for Salesforce

  • コールセンターの設定は、コールセンターの定義から別の設定ページに移動しました。見る ワンタイムアップグレード手順 この新しい設定を使用します。