音声文字起こしを設定する


前提条件

      音声文字起こしは音声インタラクションを書き起こします(たとえば、 自動コール分布(ACD)呼び出し)コンタクトセンターで書かれた単語に変換されます。これらの単語は、スピーカーで区切られた会話テキストとして保存されます。

      注意: 音声転写は、Genesys Cloudがサポートするすべての言語では利用できない。詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloud対応言語.  

      音声文字起こし機能を使用して、コンタクトセンターの対話の音声に保存されている情報にアクセスし、従業員のトレーニングとフィードバックを改善し、ビジネス上の問題を特定するために使用できます。

      1. Genesys Cloud音声文字起こし統合を設定する.
      2. 音声転写を有効にする 会話とテキストの分析設定で
      3. キュー内の音声対話の音声文字変換を有効にします。詳細については、「すべてのインタラクションタイプの動作としきい値を設定する」を参照してください。 キューを作成して構成する.
      4. コールフローの音声文字変換を有効にします。詳細については、 文字起こしアクション.
      5. Genesys Cloudがどのように扱うかを確認する エッジ ラインおよび Architect での言語選択. 変更を加えて、音声文字変換に正しい言語が選択されるようにします。
        1. 縁:詳細については、以下を参照してください。 トランク言語の設定.
        2. Architect :詳細については、 フローでサポートされている言語を選択します そして 言語選択開始タスク設定する.