エージェントのラップアップ詳細ビュー

前提条件

 以下の権限

  • AnalyticsData Export All
  • Directory > User > View
  • ルーティング >> >> 加入 また ルーティング >> QueueMember >> 管理 (キューメンバーをアクティブ化および非アクティブ化するため)
  • ルーティング > まとめコード > 見る
  •  ウイ >スーパーバイザーエージェントの詳細> 表示  
  • UI > Supervisor Wrap-Up Performance > View

ラップアップの詳細ビューには、エージェントの統計情報が表示されます。 ラップアップコード 特定のエージェントによって設定されます。 これらの統計は、スーパーバイザが1つまたは複数のキュー内の特定のラップアップコードで設定されたインタラクションに関するエージェントのパフォーマンスの問題を判断するのに役立ちます。 

各ラップアップコード行のメトリクスは、ラップアップコードが選択されたインタラクションの部分を表します。 たとえば、エージェントアレックスは応答してからインタラクションをエージェントブレイクに転送します。 次に、AlexはSalesへのTransferのまとめコードを設定します。 ブレイクは転送を受け入れ、カスタマーと対話します。 カスタマーが通話を終了します。 次に、BlakeはSale Successのまとめコードを設定します。 インタラクションの Alex の部分に関連付けられているメトリクスは、エージェントのラップアップの詳細ビューで [販売への転送] ラップアップコード行に表示されます。 インタラクションのブレイクの部分に関連付けられたメトリクスは、エージェントのラップアップの詳細ビューで販売成功の折り返しコード行に表示されます。

このビューは自動的には更新されません。 最新のデータを表示するには、更新するをクリックします。 

エージェントのラップアップの詳細ビューを表示するには : 

  1. クリック パフォーマンス >> ワークスペース >> エージェント。 
  2. から エージェントパフォーマンスサマリビュー表示したいエージェントをクリックします。 
  3. から エージェントパフォーマンス詳細ビュー、 クリック 要約 タブ。
  4. フィルタと列の設定でビューを保存するには保存するをクリックします
  5. ビューのデータをエクスポートする には、エクスポートをクリックします。
  6. キューのパフォーマンスに関する詳細を確認し、 エージェントのラップアップ間隔の詳細ビュー、キューの名前をクリックします。
  7. タブをクリックしてエージェントを開きます。 パフォーマンス状態、 評価、 インタラクション、 キュー または スケジュール 詳細ビュー
 メモ:   各ビューには、独自のアクセス許可があります。 権限要件については、各ビューの記事を参照してください。

キューに対してエージェントをアクティブにする

エージェントのキューを活動化および非活動化する エージェントのキューをアクティブ化した後、エージェントのステータスが キューに、エージェントはそのキューからインタラクションを受信します。 エージェントは、作業するキューを各自が選択することもできます。 キューをエージェント用にアクティブにするには、そのエージェントがそのキューのメンバーであることが必要です。

このビューからキューのエージェントをアクティブにするには

  1. キューのアクティブ化 アイコンをクリックします キューアクティベーションアイコン
  2. エージェントに機能させたいキューを選択します。
  3. クリック 更新

ビューをカスタマイズする

[エージェントのラップアップの詳細] ビューをカスタマイズして、特定のデータのみを表示します。 たとえば、特定の列のみを表示したり、特定の種類のインタラクションを表示するようにフィルター処理することができます。 ビューからビューに移動したり、ビューに戻って戻ったりしても、カスタマイズ内容はそのまま残ります。 保存済みビューとしてフィルターと列の設定を保存することもできます。 同じビューで目的の異なるデータをすばやく切り替えることができます。 

日付フィルターを使用して、 分析ビューをカスタマイズします。

プリセットを使用して、日付でメトリックをフィルターするか、カスタムの日付範囲を設定します。 このビューでメトリクスをフィルタリングする場合、6週間までの任意のカスタム日付範囲を選択します。

プリセットを使用してメトリックをフィルターするには、次の手順を実行します。

  1. 日付をクリックして、日付フィルターを表示します。
  2. [プリセット]リストで、プリセットの日付オプション選択します。

日付のプリセット

プリセット    説明
現在のインターバル

現在の30分間のデータを表示します。

 メモ:   詳細ビューにはデータグリッドの間隔を含むため、現在のインターバルはこれらのビューにはプリセットは表示されません。

今日 現在のインターバルを含む期間のデータを表示します。
昨日 前日のデータを表示します。
今週 日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。
先週 前週の日曜日から土曜日までのデータを表示します。
過去 7 日間 過去 7 日間のデータを表示します。
今月 現在の月のデータを表示します。余分な日はありません。
週別に今月 日曜日に始まり土曜日に終わる現在の暦月のデータを表示します。月が日曜日に始まらないか土曜日に終わらない場合は、余分な日を含みます。
先月 前の暦月のデータを追加日なしで表示します。
過去 30 日間 過去30日間のデータを表示します。
インターバル

30分間のデータを表示します。

 メモ:   詳細ビューにはデータグリッドの間隔を含むため、間隔はこれらのビューにはプリセットは表示されません。

1日24時間のデータを表示します。
日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。
追加日なしで正確な月のデータを表示します。 現在の月が選択されている場合、現在の日付までのデータが表示されます。
週別の月 日曜日に始まり土曜日に終わる暦月のデータを表示します。月が日曜日に始まらないか土曜日に終わらない場合は、余分な日を含みます。

 

カスタムの日付範囲を使用してメトリクスをフィルタリングするには、次の手順を実行します。

  1. 日付をクリックして、日付フィルターを表示します。
  2. カレンダーで開始日と終了日を選択し、フィルター矢印をクリックします。
    日付ピッカーを適用する

 

同じ日付プリセットを使用して異なる期間のデータを表示するには、日付表示の両側にある矢印をクリックします。

たとえば、前日のデータを表示するには、プリセットをクリックし、日付の左側にある矢印をクリックします。

  1. メディアタイプでフィルタリングするには、[フィルター]アイコンをクリックします。 フィルターボタン
  2. メディアタイプを選択します。 

選択したメディアタイプアイコンが列ヘッダーの上に表示されます。 

 メモ:   使用可能なメディアタイプは、上記のものとは異なる場合があります。

表示する情報のラップアップコードの名前を入力するには、 フィルターラップアップ コード検索アイコンをクリックします。 ラップアップ コードの名前を入力し、 検索結果から名前を選択します。 追加のラップアップ コードを入力して選択し続けると、ビューに追加できます。 

複数のラップアップ コード選択してフィルタリングする

フィルターする複数のラップアップ コードを選択できます。 

  1. ラップアップ コードの行で、チェックボックスをオンにします。
  2. フィルターに追加するラップアップ コードチェックボックスを引き続き選択します。 
  3. フィルターに追加をクリックします。

 

列を表示または非表示にするには、をクリックします 。次に、 検索またはスクロールして、表示する列を選択します。 

列を並べ替えるには、列見出しをクリックしてドラッグします。

ビューをデフォルト列設定にリセットするには、ビューをデフォルトにリセットをクリックします。

 

ビューの上部には、選択した日付範囲の合計が表示されます。 日付範囲内の間隔ごとのメトリクスのグラフを表示するには、合計行でメトリクスを選択します。 

グラフ内:

  • 選択したメトリクスの間隔ごとにメトリクスを表示します。
  • 次のように、選択した日付範囲の最大間隔と最小間隔を表示します。 そして  バーの上
  • メトリクスの処理に関して、通話、保留、およびACWのメトリクスを表示します。
  • 数値情報を表示するには、バーの上にカーソルを合わせます。

インタラクションに関する情報でフィルタリングするには、をクリックしますフィルタ、次に検索またはスクロールして、使用するフィルターを選択します。

インタラクションフィルター

フィルター    説明
スキル

選択したスキルを持つエージェントとのやり取りに関するメトリクスを表示します。

他のスキルを入力して再度検索することで、一度に複数のスキルを絞り込みます。

言語

選択した言語を持っているエージェントとのやり取りのためのメトリクスを表示します。

他の言語を入力して再度検索することで、一度に複数の言語をフィルタリングします。

DNIS

選択した元のDNIS番号とのやり取りに関する情報を表示します。 このDNIS番号はインタラクションの始めにダイヤルされました。

  • DNIS番号だけを入力してください。 たとえば、13172223333と入力します。 +、 - 、()などの他の文字を含めないでください。
  • 番号の先頭から始まる部分番号を使用できます。 番号には、オプションで国コードを含めることができます。 1317222または317222は有効な部分検索です。 ただし、数字の途中にある部分文字列を検索することはできません。 たとえば、全体番号が3172223333の場合、7222は無効な検索です。
  • 他の番号を入力して再度検索して、一度に複数の番号をフィルタリングします。
セッション DNIS

選択したDNIS番号とのやり取りに関する情報を表示します。 DNIS番号は、インタラクション中いつでもダイヤルされた可能性があります。

  • DNIS番号だけを入力してください。 たとえば、13172223333と入力します。 +、 - 、()などの他の文字を含めないでください。
  • 番号の先頭から始まる部分番号を使用できます。 番号には、オプションで国コードを含めることができます。 1317222または317222は有効な部分検索です。 ただし、数字の途中にある部分文字列を検索することはできません。 たとえば、全体番号が3172223333の場合、7222は無効な検索です。
  • 他の番号を入力して再度検索して、一度に複数の番号をフィルタリングします。
方向

選択した方向のインタラクションに関する情報を表示します。

初期方向 

選択した初期方向とのインタラクションに関する情報を表示します。

キュー 

選択したキューに関連付けられているインタラクションのメトリックを表示します。

他のキューを入力して再度検索することで、一度に複数のキューをフィルタリングします。 

メッセージ タイプ

選択したACDメッセージタイプのインタラクションに関するメトリクスを表示します。 このフィルターは、メディアタイプフィルターをメッセージ。 メッセージタイプが選択されていない場合は、すべてのメッセージタイプの情報が表示されます。

Genesys Cloudは現在、次のメッセージタイプをサポートしています。 Facebook、Line、Open、SMS、Twitter、Webメッセージング、WhatsApp。 

プロバイダー

会話のソースプロバイダー。 たとえば、Genesys Cloud EMAIL、Edgeなどです。

利用されたルーティング

インタラクションを応答したエージェントへの転送に使用されたルーティングメソッドを表示します。

ルーティングデータは、2020年9月5日以降に関連します。

 
リクエスト済みのルーティング

インタラクションで要求されたルーティング方法を表示します。 会話が応答、放棄、または流出する前に通過した各ルーティング方法についての洞察を提供します。

ルーティングデータは、2020年9月5日以降に関連します。

インタラクションに関するアウトバウンド情報でフィルタリングするには:

  1. クリック フィルタ.
  2. アウトバウンド タブ をクリックします。
  3. 検索またはスクロールして、使用するフィルターを選択します。

送信フィルタ

フィルター    説明
キャンペーン名

選択したキャンペーンに関連付けられているインタラクションを表示します。 あなたが入力するとキャンペーン名を、示唆したキャンペーンは、そのとともに表示されますキャンペーンのタイプ、音声またはSMS。 

メールキャンペーンタイプ: 他に入力して、複数のキャンペーンのための相互作用を表示キャンペーンの名前をして、再度検索を。 

連絡先リスト 選択した連絡先リストに関連付けられているインタラクションを表示します。
連絡先 ID 選択した連絡先IDに関連付けられているインタラクションを表示します。

_に関する情報でフィルタするには 予測エンゲージメント インタラクションのジャーニーの詳細:

  1. フィルターをクリックします。 
  2. ジャーニータブをクリックします。

ジャーニー フィルタ

フィルター    説明
カスタマー ジャーニー データがある 予測エンゲージメントに関係するカスタマー ジャーニーデータを持つインタラクションのデータを表示します。
プロアクティブ インタラクションのデータを表示します。 予測エンゲージメント は、予測エンゲージメントアクションマップの設定に基づいて、顧客のウェブサイト訪問中にチャットを提供しました。   

利用可能な列

カスタマイズによって、ビューに表示されるメトリクス列が決まります。

   説明
処理数

選択したメディアタイプでエージェントが関与したACDおよび非ACDインタラクションの総数。  エージェントがコール処理後に完了して対話を完了した後、対話が終了する間隔の増分を処理します。 

平均処理時間

エージェントがインタラクションの処理に費やした平均時間。 この計算には通話時間、保留時間、後処理時間が含まれます。  アウトバウントコールの場合は、ダイヤル時間と連絡時間も含まれます。

計算方法:   (累積通話時間 +累積保留時間 +累積後処理 +累積ダイヤル時間+累積連絡時間)/処理されたインタラクションの数


これらのビューでは、一部のインタラクションにのみ保留が含まれるため、[Avg Talk]、[Avg Hold]、および[Avg ACW]列は[Avg Handle]列と等しくありません。 このビューは、平均ではなく累積カウントを使用して平均ハンドル列を計算します。
平均通話時間

メディアタイプの操作に費やした平均秒数。

計算方法:   合計通話時間/通話時間とのインタラクションの数

平均保留時間

インタラクションが保留にされた平均秒数。

計算方法:   合計保留時間 / インタラクションの保留数

平均後処理時間

エージェントがアフターコールワークの完了に費やした平均時間。

計算方法:   合計ACW / ACWとの相互作用

合計処理時間

エージェントがインタラクションを処理するのにかかった合計時間。 この計算には通話時間、保留時間、後処理時間が含まれます。  アウトバウントコールの場合は、ダイヤル時間と連絡時間も含まれます。

計算方法:   (累積通話時間+累積保留時間+累積アフターコールワーク+累積ダイヤル時間+累積連絡時間)

合計通話

メディアタイプの操作に費やした時間。

合計保留

すべてのインタラクションについて積算した保留時間。

合計後処理時間

後処理に費やした時間の合計。 後処理とはエージェントが一回のインタラクションのすぐ後に行った処理のことです。 作業には活動コードの入力、お客様のデータベースの更新、フォームの記入、連絡先に電話をすることなどが含まれます。 測定基準として、エージェントがコールの処理を終了するのにかかる合計時間を示します。 エージェントが次の連絡先を処理できるようになる前にそのエージェントが作業を完了しなければならない場合、ACWはに処理されます。 

保留

保留インタラクションの数

% 処理時間

選択されたエージェントについて、選択された日付およびメディアタイプの合計インタラクション数に関連して合計インタラクション数 ラップアップ コード割り当てられたインタラクションの割合。

計算対象ラップアップ コード選択されたエージェントの選択された日付とメディアタイプのハンドルの合計インタラクション数 ラップアップ コード / 合計インタラクション数 )

% 合計処理時間

選択したエージェントについて、選択した日付およびメディアタイプのインタラクションの合計の長さに対して、 ラップアップ コード割り当てたインタラクションの合計の長さの割合。

( ラップアップ コード合計ハンドル/選択したエージェントの、選択した日付とメディアタイプのインタラクションの合計時間ラップアップ コードによって計算されます

% 合計通話時間

選択した日付の合計通話時間に関連した後処理コードの通話時間。 ( ラップアップ コード合計通話時間/合計通話時間)で計算