まとめコードについて


ラップアップ コードは、インタラクションの性質を示したものです。エージェントは、インタラクションの完了後にラップアップコードを指定します。たとえば、完了した販売、サービスに不満を持つお客様、請求の問題などです。

管理者およびコンタクトセンターの管理者向けのラップアップコード

ラップアップコードを作成して定義し、キューの設定時にそれらを追加します。


エージェントのラップアップコード

エージェントは、インタラクションの目的または結果を示すための後処理コードを指定します。たとえば、エージェントは、完了した販売、サービスに不満を持つお客様、または請求の問題を示すことができます。


ラップアップコードと外線発信

インタラクション後に割り当てられた後処理コードに基づいて単一の番号または連絡先全体に呼び出し不可のフラグを付けるようにアウトバウンドダイヤリングを設定します


ラップアップレポート、ビュー、およびダッシュボード

動的ビューには、コンタクトセンター、キュー、エージェント、インタラクション、アウトバウンドキャンペーン、スケジュールされたコールバック、および人員管理に関する履歴とリアルタイムのメトリクスが表示されます。レポートを使用して、コンタクトセンターに関する過去の測定基準とデータを確認します。


Architectでのラップアップコード

Architect で、ラップアップ コード式はフロー全体で使用できる変数に特定のコードを割り当てます。ラップアップ コードは PureCloud 管理者により作成され設定されます。


統合用のラップアップコード

Chrome用のPureCloud、Firefox用のPureCloud、Salesforce用のPureCloud、およびPureCloud for Zendeskは、インタラクションの結果を示すためのラップアップコードをサポートします。