ラップアップ・コードの指定

前提条件

エージェントは、インタラクションの目的または結果を示すための後処理コードを指定します。 たとえば、エージェントは、完了した販売、サービスに不満を持つお客様、または請求の問題を示すことができます。

操作中または 後処理(後処理)中に、ラップアップコードパネルにラップアップコードを指定します。 ラップアップコードパネルは、操作の終了後に自動的に開きます。

使用可能なラップアップコードを表示および選択するには :

  1. ラップアップ・コード をクリックします。 
  2. ラップアップコードの一覧を検索するには、使用するラップアップコードの名前を入力します。 ラップアップコード ボックスを検索してください。  
  3. リストから、そのインタラクションに適したラップアップコードオプションをクリックします。
     メモ:   インタラクションに対して1つのラップアップコードを指定できます。 より多くのラップアップコードを指定しようとすると、新しいコードが1つずつ置き換えられます。
  4. インタラクションを終了し、 コール作業後に完了 完成を選択してください。