After contact work (ACW)は、インタラクションが切断された後の時間である。 この時間を使って、メモを入力するラップアップ・コードを選択する 、その他インタラクションに関連するタスクを完了させることができます。 Genesys Cloud は ACW をラップアップ時間としてカウントし、平均処理時間(AHT) に反映させます。

キュー管理者は、ACW 時間が必要かどうか、および ACW を完了するのにどのくらいの時間がかかるかを決定します。

ACW を完了するには :

  1. 表示する ラップアップコードクリック ラップ コード またはインタラクションを終了します。 
  2. 適切な ラップアップコード。  
  3. インタラクションの最中または後にノートを入力したい場合は、 ノート そして メモを入力 インタラクションについて. 
  4. ACWを終了するには、をクリックします 終わり。 

ノート:  

  • 終わり対話を完了するための最小要件を満たすまで利用できません。これには次の動作が含まれる場合があります。
    • 顧客とのコミュニケーションの終了。
    • ラップアップコードの選択。
  • クリックすると ACW 時間が終了します。 完成です.
  • To ensure that your wrap-up code applies to your interaction, Genesys Cloud saves selected wrap-up codes even if you do not click Save or Done before your ACW period ends.
  • キュー管理者がキューを必須、タイムボックス化されたACWの早期終了オプションに設定した場合、[完了]の代わりに[保存]が表示されます。 クリック 保存する ACWを完了した後、選択したラップアップコードを保存します。 エージェントがラップアップコードを変更した場合は、 保存 を再度実行して変更を保存します。 このACW設定では、ACWタイマーがゼロまでカウントダウンするのを待ってから、次のインタラクションを受信します。
  • 管理者がキューをエージェントがコール後の作業を依頼ACWのオプションを選択した場合、ラップアップコードを適用できるのはACW をリクエストするオプション。 このオプションを選択すると、インタラクションを切断した後にACWに移動し、ラップアップコードの選択とメモの入力ができるようになります。 それ以外の場合は、切断されると、On Queue に戻り、新しい対話を受け入れる準備が整います。