ラップアップ コード変数を追加する


インタラクションの性質を示すために、エージェントはラップアップコードを指定します。たとえば、完了した販売、サービスに不満のある顧客、 請求問題などです。 Architectでは、 ラップアップ コードコード式は特定のコードを変数に割り当て、フロー全体で使用できます。ラップアップコードは、Genesys Cloud管理者が設定および設定します。

このアクションは、 タスクエディターにあるArchitectツールボックスから利用できます。

タスクシーケンスにラップアップ コード変数を追加する

タスクシーケンスでは、追加できます ラップアップ コード 更新データデータデータ アクションへの変数。

  1. ツールボックスから、 データ カテゴリとドラッグ データ更新 タスク内の目的の場所へのアクション。
  2. 「データの更新」設計フォームの 名前フィールドに、アイテムを説明するわかりやすい名前を追加します。
  3. 更新ステートメントを追加する ボタンをクリックしラップアップ コードを選択します。
  4. の中に 変数名 フィールドに、タスクの変数を識別するためのラベルを入力します。
  5. の中に 割り当てる値 field、次のいずれかを実行します。
    • 設定するには ラップアップ コード リテラルモードから、適切な コード ドロップダウンリストから。
    • 設定するには ラップアップ コード 式を使用して、式ボタンをクリックし、次のいずれかを実行します。
      • インライン式を追加します。
      • クリック 式を編集 ボタンをクリックして式エディタを開き、式を作成します。
  6. オプションで別の変数を追加するには、 更新ステートメントを追加する ボタン。