2021年3月10日

Contact Center

Architect 電子メールおよびメッセージ フローの最大待ち時間の増加

Genesysは、Architectのインバウンド電子メールおよびメッセージフローの最大待ち時間を24時間から72時間に延長しました。 組織のスケジュールとスケジュール グループに基づいて電子メールとメッセージのルーティングを設定する際に、管理者とコンタクトセンター マネージャーの柔軟性が向上します。 詳細については、 待機アクション。 この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesys Cloudユーザー2または Genesysクラウドユーザー 3.

運用ボットレポートAPI

開発者は、新しい運用ボットレポートAPIを使用して、Genesys Cloud内でサポートされているボットの運用メトリックに関する洞察を得ることができます。 ダイアログ エンジンの Bot フローの場合、API には、Bot の結論データをよりよく理解するための追加の統計が含まれます。 詳細については、 集計クエリ 開発者センターで。  この機能には、次のいずれかのサブスクリプションが必要です。 Genesysクラウドユーザー1、Genesysクラウドユーザー2、またはGenesysクラウドユーザー 3.

外部連絡先バルクAPI

開発者はバルク API を使用して、外部連絡先および外部組織データを作成、取得、更新、削除できるようになりました。 詳細については、次を参照してください。デベロッパセンタースキャンエンドポイントの概要。 この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

プラットフォーム

Microsoft Edge Chromium の完全サポート

Genesys は Microsoft Edge Chromium をフルサポートしています。 詳細については、「サポートされているブラウザ」を参照してください。Genesys Cloudシステム要件. この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

Genesys Cloud HTTPクッキー

Genesysは、ブラウザにデータを保存するクッキーに関する情報を提供するようになりました。 Genesys Cloudは、機能のためにこれらのクッキーを必要とします。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys CloudおよびCCPAコンプライアンス. この機能は、ユーザーまたは必要なユーザーによるアクセスを制限するものではありません。

廃止のお知らせ

クラウド・メディア・サービスのCIDR IPアドレス範囲の変更

[ リリース・ノートでは、Genesysが、Genesys Cloudのパブリック・フェーシング・メディア・サービス用のIPアドレスの/20 CIDRブロックを購入したと発表されました。 この発表では、Amazon AWS IPアドレスJSONファイルを使用するお客様は、新しいCIDR IPアドレスにできるだけ早くアクセスできるようにファイアウォールを構成し、組織が2021年の初期のカットオーバーに対応できるようにしておく必要があると述べられました。 カットオーバー日は現在2021年3月24日です。 一連のテスト手順を含む更新情報が、お客様がカットオーバー日に間に合うようにサポートするために利用可能になりました。 詳細については、以下を参照してください。 クラウド・メディア・サービスのCIDR IPアドレス範囲の変更.