2019年2月20日

プラットフォーム

特定地域へのアクセス制御の導入

新しいアクセス制御機能により、部門が導入され、ユーザー、キュー、フロー、管理単位、キャンペーン、連絡先リストなどのオブジェクトを分類したり、組織内のリストを呼び出したりしなくなりました。 部門を使用すると、管理者は一連のオブジェクトに対してより詳細な権限を適用できるため、特定のオブジェクトを表示、編集、作成、および削除するためのアクセス権をより細かく制御できます。 アクセス制御により、インタラクション、記録、プレゼンス履歴、監査データなどのトランザクションオブジェクトを可視化できるユーザーに詳細なアクセス許可を適用することもできます。 この機能には エッジおよびメディア層 バージョン1.0.0.7828以降であり、地域ごとに利用可能になります。 地域の可用性などの詳細については、を参照してください。 アクセス制御の重要な概念アクセス制御について

Communicate

ドイツのGenesys Cloud Voice

電話サービスにGenesys Telecomを使用する100%クラウドベースのソリューションであるGenesys Cloud Voiceがドイツで利用可能になりました。 サービスはAWS EU(フランクフルト)地域外で提供されています。 詳細については、以下を参照してください。Genesys Cloud Voiceについて

Contact Center

メッセージ配信ステータス通知

メッセージングインタラクションを処理するエージェントは、メッセージ配信が成功したことの確認と、メッセージ配信が失敗した場合の警告を受け取るようになりました。 詳細については、を参照してください。 メッセージのやり取りを受け入れて応答する