コールバックをスケジュールする


注意:この記事は、PureCloud埋め込みフレームワーク、Chrome用のPureCloud、Firefox用のPureCloud、PureCloud、およびSalesforce、およびPureCloud forXABYXZZZZZに適用されます。

前提条件

  • 会話 > ; 折り返し電話 > ; 作成する 許可

ACD音声対話(コール、コールバック、発信ダイヤリング、およびボイスメール)のコールバックをスケジュールできます。

  1. クリック コールバックをスケジュールする 通話コントロールで。
  2. 日付を入力または選択します。

    日付はデフォルトで現在の日付になります。

    注意:30日以上前にコールバックをスケジュールすることはできません。

  3. 時間を入力または選択します。

    時間はデフォルトで現在時刻から30分後です。

  4. (オプション)電話をかける相手のタイムゾーンを入力または選択します。
  5. 必要に応じて電話番号を更新してください。

    電話番号のデフォルトは発信者のANIです。

  6. コールバックをあなたにルーティングするには、 可能であればコールバックを自分にルーティングする

    デフォルトでは、スケジュールされたコールバックは元の対話を受信したキューにルーティングされます。

  7. クリック スケジュール
    注意:単一の対話に対して複数のコールバックをスケジュールすることはできません。コールバックをスケジュールした後、[スケジュール]ボタンは使用できなくなります。

コールバックウィンドウをスケジュールする

スケジュールされた日時に、PureCloudはコールバックを元の対話を処理したキューまたはエージェントに送信します。コールバックインタラクションの処理については、 コールバックインタラクションに応答する

注意:PureCloudスーパーバイザデフォルトロールを持つユーザはコールバックをキャンセルできます。詳細については、 スケジュールされたコールバックビュー

詳細については、 コールコントロール

統合の詳細については、 約PureCloud ブラウザーの拡張機能、 PureCloud Embeddable FrameworkについてPureCloud for Salesforceについて、そして PureCloud for Zendeskについて