ビューデータをエクスポートする


前提条件

  • 分析 >データエクスポート> すべて
  • 報告 > customParticipantAttributes > 見る カスタム参加者属性をエクスポートするには 
  • エクスポートするビューに必要な前提条件詳しくは、各ビューの記事を参照してください。

選択したビューからデータを.csvファイルとしてエクスポートし、 PureCloud受信ボックスに配信します。ビューからすべてのデータをエクスポートすることも、選択した列からデータのみをエクスポートすることもできます。.csvファイルは、Excelなどのスプレッドシートソフトウェアで開くことができます。

以下のビューからデータをエクスポートできます。 集計パフォーマンスデータ リストされている詳細ビューの場合:


  1. (オプション)日付、キュー、言語、スキル、またはその他のインタラクションの詳細でフィルタします。エクスポートされたファイルは、エクスポートされたデータに対してこれらのフィルタを使用します。ビュー内のデータのフィルタリングの詳細については、エクスポートしたいビューの記事を参照してください。
  2. エクスポートするをクリックします 。エクスポートペインが開きます。
  3. ファイルの名前を変更するか、デフォルトのファイル名を ファイル名を入力 フィールド。デフォルトのファイル名には、日付とビューの名前が含まれています。同じビューから1日に複数回データをエクスポートすると、それらのファイルはすべて同じデフォルト名になります。
  4. ビューに期間列が含まれる場合、時間値はミリ秒単位でフォーマットされます。MM:HHでフォーマット時間値にSS.mmm、継続時間フォーマットを選択するオプションエクスポート]ペインで。
  5. ビューに表示されている列のみをエクスポートするには、選択します 選択された列. 列は、ビューに表示される優先順序でエクスポートされます。
  6. を選択 カスタム属性を含める エクスポートにカスタム参加者属性を含めるためのチェックボックス。
  7. データをグループとして表示している場合(グループとして表示)すべてのフィルターのグループ集約データを含むエクスポート用のエージェント、キュー、またはDNIS番号 プラス 各フィルターの個々のデータをエクスポートペインで選択します 分割フィルター.
  8. 以下からのエクスポート・ファイルに時刻値を変換するにはタイムゾーン異なるにあなたのマシン上で設定すると、 タイムゾーン 、選択タイムゾーン オプションお使いのエクスポートファイルのボックスに。
  9. ビューからエクスポートされたデータのロケールを設定できます。ロケール設定では、選択した言語でテキストと日付と時刻の形式が表示されます。ロケールボックスで言語を選択します。
  10. CSVをエクスポートをクリック。ファイルがインボックスに表示されます。


インボックスでは、エクスポートの進捗状況を確認できます。進行状況バーには、エクスポートの何パーセントが完了したかが表示されます。

記号 ステータス 説明
提出されたエクスポート 送信日 PureCloudがエクスポートのリクエストを受け取り、エクスポートを作成します。
エクスポート中 進行中 PureCloudがエクスポートを作成しています。
キャンセル中 PureCloudはエクスポートをキャンセル中です。
キャンセル済み PureCloudがエクスポートをキャンセルしました。
エクスポート失敗 - エラー エラー エクスポートの作成中にエラーが発生しました。
エクスポート完了 - ダウンロード 完了 エクスポートが完了したら、ダウンロードできます。
部分的な結果 エクスポートには部分的な結果が含まれており、ダウンロードできます。


PureCloudは、要求した順序でエクスポートを完了します。別のエクスポートを開始するには、現在の長期エクスポートを取り消してください。

  1. サイドバーで、インボックスをクリックします 。インボックスアイコン
  2. インボックスウィンドウで、 エクスポート をクリックします。
  3. 進行中のエクスポートの横にある もっと をクリックします。 進行中のビューのエクスポート
  4. キャンセルをクリックします。PureCloudは、実行を待機している次のエクスポートを開始します。
  5. キャンセルしたエクスポートを消去するには、エクスポートの横にある Xをクリックします 。エクスポートをキャンセル - エクスポートをクリア

注意:キャンセルしたエクスポートを再開することはできません。エクスポートをキャンセルしてから同じエクスポートを再度作成すると、PureCloudはそれを実行するエクスポートのキューの最後に配置します。


  1. サイドバーで、インボックスをクリックします 。インボックスアイコン
  2. [受信トレイ]ペインで、 エクスポート をクリックします。
  3. ダウンロードするエクスポートの横にあるをクリックします ダウンロード。システムはエクスポートをコンピュータのダウンロードフォルダにダウンロードします。 インボックスのダウンロードでエクスポートされたファイル
  4. ファイルを削除するか既読にするには、 もっと をクリックします。インボックスにエクスポートされたファイル


頻繁に実行される、または大規模なデータセットを対象とするエクスポートは、組織全体の応答性に影響します。輸出は、彼らが提出された順に処理するためにキューイングされ、非常に多くの輸出が同時にトリガーされたとき、あなたは輸出が提出されて受信トレイに表示されていることを見つけるかもしれステータス 。したがって、エクスポートを作成するときは、ビジネスを効果的に実行するための情報を提供するように構成しますが、 パフォーマンスを最大化するには、以下のベストプラクティスのいくつかを考慮してください。

Genesys Cloudには、組織によって要因が異なるため、いつエクスポートを実行できるかについてのルールはありません。エクスポートの応答性は、ビュー設定、時刻、およびエクスポート実行時のシステムのビジー状態の組み合わせです。エクスポートの実行時間を最小限に抑えるには、次の質問を自問してください。

  • ビューフィルターの範囲が広すぎませんか?たとえば、「年初来」のエクスポートを毎日実行していますか?少数しか気にしないのに、何百人ものユーザーがいるエクスポートを実行していますか?

ベストプラクティス:エクスポートフィルターを調整して、エクスポートに含まれるエージェント、キュー、インタラクション、または日数を減らします。エクスポートのデータが少ないほど、完了が速くなります。

  • 他のユーザーと同時にエクスポートを実行していますか?

ベストプラクティス:可能であれば、ピーク時以外にエクスポートを実行してください。たとえば、毎日、毎週、毎月のエクスポートを深夜または早朝に実行します。1時間ごとのエクスポートの場合、多くのユーザーは正時または数分後に実行されることがわかっているため、1日のピーク以外の時間を選択します。

  • 同僚全員がこのまったく同じエクスポートをまったく同時に実行しますか?

ベストプラクティス:1掲載ユーザーその全体を実行し、輸出を配布するためにチームの使用を。

  • 必要以上のデータを要求していますか?

ベストプラクティス:利用可能な列のサブセットのみが必要な場合は、[選択した列]を使用すると、特にエージェントビューでエクスポート時間が短縮されます。


      メモ
      • 大きなデータセットを含むビューは生成に時間がかかり、すぐにダウンロードできない場合があります。これらのエクスポートはインボックスに進行中として表示され、PureCloudが作成を終了した後はインボックスからダウンロードできます。
      • PureCloudは、作成した10日後に、エクスポートされたファイルを受信トレイから自動的に削除します。
      • 集約パフォーマンスビューでは、最大2,500のエンティティをエクスポートできます。ビューをグループ集約詳細ビューとしてエクスポートする場合、100のキューIDまたは300のユーザーIDに制限されます。これらの制限を超えると、警告メッセージが表示され、エクスポートができなくなります。ファイル、あなたのビュー内のエンティティの数アウトフィルタ、またはキューの数を減らすか、またはエクスポートするにはユーザーあなたのグループにIDを。
      • エクスポートファイルには、ビューで使用可能なすべてのエクスポートデータが含まれますが、次の違いがあります。
        • エクスポートには、現在のページに表示されている行だけでなく、ビューのすべての行が含まれます。
        • ビューで列を非表示または再配置した場合でも、エクスポートされたファイルの列は一定のままです。選択するとき 選択された列、ビューに表示されている列のみが、希望する順序でエクスポートされます。
        • スキルや言語などのフィルタを使用している場合は、エクスポートしたファイルのフィルタ列に、使用したフィルタが一覧表示されます。フィルタを使用しなかった場合、フィルタ列は空のままです。
        • エクスポートでは、ミリ秒単位の時間値が表示されます。
        • ビューには、時間値が分と秒で表示されます。期間列を持つビューをエクスポートする場合、時間値はミリ秒単位でフォーマットされます。HH:MM:SS.mmmでフォーマットされた時間値が必要な場合は、 フォーマット期間(HH:MM:SS) オプションエクスポート]ペインで。
        • エクスポートではパーセント値が小数として表示され、ビューではそれらが整数として表示されます。たとえば、エクスポートでは80%に対して0.8が表示されます。
        • ビューに現在の間隔が表示されている場合、エクスポートの「間隔の完了」列には「偽」と表示されています。
        • インタラクションビューからエクスポートすると、通常1日以上前の履歴データのみがエクスポートされます。インタラクションデータのソースとボリュームが原因で、今日や昨日などの日付でフィルタリングすると、ビューに表示されるものとエクスポートされるものに違いが生じる場合があります。相違がある場合、結果の一部が表示され、ファイルには、最新の利用可能なトランザクションを含む結果の一部の日時が表示されます。部分ファイルは再度実行されません。部分的なエクスポートには1日以上経過したデータのみが含まれるため、データが利用可能な場合、不足しているトランザクションを含めるために部分的なエクスポートタイムスタンプに基づいて新しいエクスポートを作成する必要があります。部分的な結果の表示は、完全な結果セットを返すことができ、最新のトランザクションを示す部分的な結果タイムスタンプは、データが要求されたインターバル内に収まったことを示します。
      • Interactionsビューのエクスポートファイルには、2つの追加の列が含まれています。完全なエクスポートが完了し、部分的な結果のタイムスタンプ。これらの列の詳細については、 インタラクションビューエージェントインタラクションの詳細ビューキューインタラクションの詳細ビュー.  
      • インタラクションビューのエクスポートファイルには、コールワークノートの後のエージェントを含むラップアップノート列が含まれています。
      • 特定のビューのいくつかの列はCSVファイルにエクスポートされません。詳細については、「使用可能な列」を参照してください。 エージェントステータスの概要ビュー そしてエージェントのパフォーマンスの概要ビュー.