[Scheduled Exports]ビュー

前提条件

 以下の権限

  • Analytics >Data Export> All 
  • 分析 > データエクスポート > 公開(電子メールアドレスにエクスポートするため)

  • アナリティクス >データのエクスポート >スケジュール (エクスポートをスケジュールするには)
  • レポート > customParticipantAttributes > view (カスタム参加者属性をエクスポート)

エクスポートするビューに必要な前提条件 詳しくは、各ビューの記事を参照してください。

[Scheduled Exports]ビューを使用して、実行予定のパフォーマンス・ビュー・エクスポートのリストを表示します。 また、このリストから、スケジュールされたエクスポートを有効または無効にしたり、確認したり、削除したりすることもできます。

[Scheduled Exports]ビューを表示するには、[Performance]ビューから エクスポート [Export]パネルで、 既存のエクスポートスケジュールの表示. 

 メモ:   スケジュールされたエクスポートは編集できません。 エクスポートのスケジュールを変更する必要がある場合は、既存のスケジュール済みエクスポートを削除または無効にして、 新しいスケジュールされたエクスポートの作成.

ビューをカスタマイズする

[Scheduled Exports]ビューをカスタマイズして、特定の列のみを表示し、エクスポートを管理します。 

列を表示または非表示にするには、をクリックします 。次に、 検索またはスクロールして、表示する列を選択します。 

列を並べ替えるには、列見出しをクリックしてドラッグします。

このビューは自動的には更新されません。 最新のデータを表示するには、更新 .

ビューをデフォルト列設定にリセットするには、ビューをデフォルトにリセットをクリックします。

  1. スケジュールされたエクスポート行で、 その他 .
  2. クリックスケジュールを有効/無効にする .

スケジュールされたエクスポートを確認して、不要になったエクスポートを実行していないことを確認します。 

エクスポートのスケジュールを100日ごとに確定します。確定しない場合は、スケジュールが無効になり、再度実行できるようにする必要があります。 

  1. スケジュールされたエクスポート行で、 その他 .
  2. クリックスケジュールの確認.

  1. スケジュールされたエクスポート行で、 その他 .
  2. クリックスケジュールを削除.

 メモ:   スケジュールされたエクスポートを削除すると、以前にエクスポートされたスケジュールのファイルが受信ボックスから削除されます。

選択可能な列 

カスタマイズによって、ビューに表示される列が決まります。


   説明
基本 データがエクスポートされる [パフォーマンス] ビュー。
名前 エクスポートされたファイルの名前。
スケジュール スケジュールされた曜日と時刻、月と時刻の日、または四半期と時刻の日などのエクスポートを実行する反復。 
期間 エクスポートの間隔(今日、過去30日間、前四半期、または年初来など)。
宛先 エクスポートしたファイルを送信する電子メール アドレスのリスト。
有効 エクスポートの実行がスケジュールされているかどうかを示します。
自動で無効

スケジュールされたエクスポートが無効化されるまでの残り日数。

スケジュールされたエクスポートを無期限に実行しないようにするには、スケジュールされたエクスポートを100日ごとに確認する必要があります。確認しない場合、エクスポートは無効になります。