前提条件

 以下の権限

  • AnalyticsData Export > All 
  • Analytics > Data Export > Publish (電子メールアドレスにエクスポートするため)
  • AnalyticsData ExportSchedule (エクスポートをスケジュールするため)
  • 報告>カスタム参加者属性>ビュー(カスタム参加者属性をエクスポートするため)
  • Analytics >Data Export Static Link>View 

エクスポートするビューに必要な前提条件 詳しくは、各ビューの記事を参照してください。

[Scheduled Exports]ビューを使用して、実行予定のパフォーマンス・ビュー・エクスポートのリストを表示します。 このリストから、スケジュールされたエクスポートを有効化または無効化、コピー、再実行、編集、更新、削除することもできます。

スケジュールされたエクスポートビューを表示するには、パフォーマンス>ワークスペース>その他>スケジュールされたエクスポート

スケジュールされたエクスポートビューを表示するには、パフォーマンスビューから輸出エクスポートパネルで、スケジュール>既存のエクスポートスケジュールを表示する。 詳細については、 ビューデータをエクスポートする

Genesys Cloud sends daily email notifications to users with expired exports or exports expiring soon.

ビューをカスタマイズする

特定の列のみを表示し、エクスポートを管理するには、「スケジュールされたエクスポート」ビューをカスタマイズします。 

列を表示または非表示にするには:

  1. 右側の列を選択アイコンをクリックします。 の列の追加/削除ペインが表示されます。
  2. (オプション)列を昇順またはアルファベット順に並べ替えるには、並べ替え>列名 AZ 。 
  3. (オプション)列を降順または逆アルファベット順に並べ替えるには、並べ替え>列名 ZA
  4. (オプション)列を分類または分類解除するには、並べ替え有効または無効にするカテゴリ別にグループ化トグル。 画像をクリックして拡大します。

    列を追加または削除するときに表示される並べ替えオプション
  5. 検索またはスクロールして、表示する列を選択します。
     メモ:   キーボード ナビゲーションを使用して列を選択することもできます。
  6. 保存するをクリックします。 選択した列が画面に表示されます。
     メモ:   列の選択は変更を保存した後にのみ表示され、テーブルにすぐには適用されません。

      列を並べ替えるには、列ヘッダーをクリックしてドラッグします。

      ビューをデフォルトの列設定に戻すには、ビューをデフォルトにリセット をクリックします。

      最大 20 列まで選択できます。

      列に表示される指標の詳細については、利用可能な列この記事のセクション。 

      このビューは自動的には更新されません。 最新のデータを表示するには、更新 .

      ビューをデフォルトの列設定にリセットするには、表示をデフォルトにリセット

      1. スケジュールされたエクスポート行で、 その他 .
      2. クリックスケジュールを有効/無効にする

      エクスポートの静的リンク URL をクリップボードにコピーするには:

      1. スケジュールされたエクスポート行で、 その他 .
      2. コピーリンク をクリックすると、エクスポートしたURLがクリップボードにコピーされます。

       メモ:   エクスポートが完了していない場合、またはエクスポート スケジュールに静的リンクがない場合、リンクのコピー オプションは使用できません。 リンクのコピー オプションは、エクスポートの最初のスケジュールされた実行が正常に完了した後に使用できるようになります。

      次のスケジュールされた時間の前にデータ セットを更新し、スケジュールされたエクスポートを再実行できます。

      スケジュールされたエクスポートを再実行するには: 

      1. スケジュールされたエクスポート行で、 その他 .
      2. クリック今すぐ実行

       メモ:  今すぐ実行オプションは 1 時間に 1 回のみに制限されます。 失敗したエクスポートは 1 回だけ再試行できます。 エクスポートが繰り返し失敗する場合は、Genesys 製品サポートに連絡してさらに調査してください。

      スケジュールされたエクスポートのスケジュールされたタイミングを編集し、スケジュールされたエクスポートの静的リンクを生成できるようになりました。

      スケジュールされたエクスポートを今すぐ編集するには: 

      1. スケジュールされたエクスポート行で、 その他 .
      2. クリックスケジュールを編集。 エクスポート スケジュール ペインが開きます。
      3. 選択してください期間
      4. インターバルブレイクダウンエクスポートのみ。 選択した期間に応じて、Granularity を選択します。
      5. を選択再発エクスポートを実行します。
         メモ:   繰り返しオプションは、選択した期間によって異なります。 選択するオプションを選択します。数時間稼働 1時間経過、リクエスト時間実行日曜日月日、 そして四半期の日。 繰り返しがすべての月に適用されるように、月の日付は 28 まで設定されています。
      6. (オプション)切り替え静的リンクを生成するエクスポートされたファイルを集中管理された場所に保存するための静的リンク オプションを有効または無効にします。 詳細については、静的リンクを生成する。 
      7. クリックスケジュールされたエクスポート。 スケジュールされたエクスポートが正常に更新されました。

      スケジュールされたエクスポートは、最大100日間有効です。

      100日タイマーをリセットするには 

      1. スケジュールされたエクスポート行で、 その他 .
      2. クリック更新スケジュール

      1. スケジュールされたエクスポート行で、 その他 .
      2. クリックスケジュールを削除.

       メモ:   スケジュールされたエクスポートを削除すると、以前にエクスポートされたファイルは受信トレイに表示されなくなります。

      利用可能な列

      設定によって、ビューに表示される列が決まります。

      説明
      自動で無効

      スケジュールされたエクスポートが無効化されるまでの残り日数。

      スケジュールされたエクスポートが無期限に実行されないようにするには、スケジュールされたエクスポートを 100 日ごとに確認する必要があります。確認しない場合、エクスポートは無効になります。

      自動無効化日数が 7 日未満の場合、この列には、対応するエクスポートのツールヒントとともに、まもなく期限切れになるフラグが表示されます。期限切れのエクスポートの場合、列には期限切れのフラグとツールヒントが表示されます。これらのフラグは、期限が近づいているエクスポートやすでに期限が切れているエクスポートをユーザーが簡単に識別するのに役立ちます。

      基本 データがエクスポートされる [パフォーマンス] ビュー。
      宛先 エクスポートしたファイルを送信する電子メール アドレスのリスト。
      有効 エクスポートの実行がスケジュールされているかどうかを示します。
      粒度 間隔ベースのエクスポートの場合、粒度はエクスポート内で間隔がどのように分割されるかを指定します。
      名前 エクスポートされたファイルの名前。
      スケジュール スケジュールされた曜日と時刻、月内の日付と時刻、四半期内の日付と時刻など、エクスポートを実行する繰り返し。 
      期間 エクスポートの間隔(今日、過去30日間、前四半期、または年初来など)。
      タイムゾーン エクスポート用に選択されたタイムゾーン。 エクスポート内の時間値はこのタイムゾーンに基づいています。

      上限

      次のデータのエクスポートと表示の制約を考慮してください。

      • ユーザーあたりのスケジュールの最大数は 20 であり、拡張することはできません。
      • Genesys Cloudは、エクスポートされたファイルを、作成から10日後に受信トレイから自動的に削除します。
      • までエクスポートできます2,500 エンティティ一度に集計されたパフォーマンス ビュー。 プライマリフィルターを使用して、エクスポートを個別のエクスポートファイルに分割します。 たとえば、エージェント名、役割、レポート先、場所、グループ、または部門でエージェントをフィルターできます。 
      • 経由でエクスポートすると、グループとして表示集約詳細ビューのオプションでは、最大でエクスポートできます100 個のキュー IDまたは300ユーザーID 。 これらの制限を超えると、警告メッセージが表示され、エクスポートが禁止されます。 ファイルにエクスポートするときにビュー内のエンティティの数をフィルターで除外するには、グループ内のキューまたはユーザー ID の数を減らすことを検討してください。
      • 最大でエクスポートできるのは、 1,000,000 行
      • CSV ファイルまたは PDF レポートをエクスポートする場合、いくつかの列を含めることはできません。 詳細については、「使用可能な列」を参照してください。 エージェントステータスの概要ビュー そしてエージェントのパフォーマンスの概要ビュー.
      • 必要な時間値を選択し、ビューをエクスポートできます。
      • 制限の詳細については、を参照してください。ジェネシス開発者センター