2017年1月25日

Communicate

サードパーティーアプリケーションでのWebベースのコール制御 

Genesys Cloudのウェブベースの電話ユーザーは、サードパーティアプリケーションで通話コントロールを使用して、通話の発信と応答を行うことができます。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloudのウェブベースの電話を電話として選択します.

Webベースの電話音量設定

Genesys Cloudのウェブベースの電話ユーザーは、コールリングと音声ボリュームを個別に調整できるようになりました。 詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloudのウェブベースの電話を電話として選択します

Contact Center

組織のドメインへのEメールルーティング

管理者は、組織の電子メールドメインをGenesys Cloudに登録して、電子メールをそのドメインと直接やり取りすることができます。 詳細については、 組織のEメールドメイン名を使用する

Architectオーディオデバッグ

Architectの新しいデバッグ機能により、フロー作成者はフローを公開する前に呼び出し側の視点からフローを監視してデバッグすることができます。 なお、このデバッグ機能ですが、現時点では未だ英語でのみ利用可能な状況です。言語対応は今後の課題として認識しており、早急に解決する予定です。 詳細については、 フローをデバッグする

メール内のインライン画像

エージェントはEメールでインライン画像を表示できるようになりました。 詳細については、 Eメールのやりとりを扱う

エージェントメトリクスとエージェントメトリクスエクスポートレポート

Agent MetricsレポートはACDとACD以外のアクティビティを区別し、追加のTotal列を含みます。 Interactions列はAnswers列を置き換え、処理された対話の総数を表します。 詳細については、 エージェントメトリクスレポート

レポートの新しいバージョンであるAgent Metrics Exportには、同じデータが含まれていますが、グループ分けは少なくなっています。 他のレポートの例と同様ですが、エクスポート版はExcel等へのエクスポートの場合に便利なフォーマットにしております。 詳細については、Agent Metrics Export report をご覧下さい。