着信転送を有効にする


注意:この記事は、PureCloud埋め込みフレームワーク、Chrome用のPureCloud、Firefox用のPureCloud、PureCloud、およびSalesforce、およびPureCloud forXABYXZZZZZに適用されます。

クライアントで着信転送をオンにすることができます。

注意:自動転送がオンになっていて、自分のステータスをオンキューに変更した場合、クライアントは自動的に自動転送をオフにします。自分のステータスを[On Queue]から別のステータスに変更しても、クライアントは自動的に自動転送に戻ることはありません。代わりに、手動で着信転送を再度有効にする必要があります。
  1. クリック メニュー  > > 詳細 。
  2. 設定をクリックします。
  3. クリック コール転送

    注意:着信転送は、下にのみ表示されます 設定 管理者がアクセスを許可した場合。

  4. の中に コール転送 セクション、転送番号または内線番号を追加します。

    警告:電話をプライベートの電話番号に転送すると、HIPAAなどの特定の規制に違反する可能性があります。通話にクレジットカード情報などの機密情報が含まれる可能性がある場合は、通話を個人用電話番号に転送しないでください。

    1. クリック アイコン。

      追加する電話番号に関連付けられている国を選択します。 転送番号 ボックスに入れます。コール転送をオンにすると, クライアントは、[転送番号]ボックスの電話番号に適切な国コードを追加します。

      着信転送のためのフラグ選択

    2. 電話番号(国コードなし)を 転送番号 ボックスに入れます。

      転送番号は、2015550123や(201)555-0123のように、書式設定の有無にかかわらず追加できます。自動転送をオンにすると、クライアントは追加した番号を(xxx)xxx-xxxx形式に変更します。

      選択した国に非常に多くの番号を追加すると、次のエラーメッセージが表示されます。

      電話番号への着信転送に関するエラーメッセージ

    1. 管理者がPureCloudに設定した拡張機能を追加します。

      クライアントが着信転送の有効化に関する問題に遭遇した場合(たとえば、PureCloudに表示されない内線を追加した場合やサービスがタイムアウトした場合)、次のエラーメッセージが表示されます。 内線番号への着信転送に関するエラーメッセージ

  5. 着信の転送を有効にするには、をクリックします オフ

クライアントは、追加された転送番号または拡張子にコールの相互作用を直ちに開始します。 番号へのコール転送設定が成功しました

詳細については、 コール転送、 転送番号を変更する、 自動転送を無効にする、 着信転送のトラブルシューティング、そして クライアントメニューの設定

統合の詳細については、 約PureCloud ブラウザーの拡張機能、 PureCloud Embeddable FrameworkについてPureCloud for Salesforceについて、そして PureCloud for Zendeskについて