コール転送


注意:この記事は、PureCloud埋め込みフレームワーク、Chrome用のPureCloud、Firefox用のPureCloud、PureCloud、およびSalesforce、およびPureCloud forXABYXZZZZZに適用されます。

管理者からアクセスを許可されている場合は、有効な電話番号またはPureCloud内線番号にキュー以外の通話を転送できます。

警告:電話をプライベートの電話番号に転送すると、HIPAAなどの特定の規制に違反する可能性があります。通話にクレジットカード情報などの機密情報が含まれる可能性がある場合は、通話を個人用電話番号に転送しないでください。

クライアントをすばやくチェックして、自動転送がオンになっているかどうかを確認できます。クリック 矢印  クライアントの右上隅にあります。自動転送が有効になっている場合は、ログインと電話の下のクライアントに[自動転送]が表示されます。

クリックできます 転送オン 着信転送をオフにしたり、転送先番号を変更したりします。(コール転送の設定セクションにアクセスすることもできます メニュー クライアントの左上隅にあります。)

ステータス一覧

注意:自動転送がオンになっていて、自分のステータスを[オンキュー]に変更した場合、クライアントは自動で自動電話転送を無効にします。自分のステータスを[On Queue]から別のステータスに変更しても、クライアントは自動的に自動転送に戻ることはありません。代わりに、手動で着信転送を再度有効にする必要があります。

詳細については、 着信転送を有効にする、 転送番号を変更する、そして 自動転送を無効にする

統合の詳細については、 約PureCloud ブラウザーの拡張機能、 PureCloud Embeddable FrameworkについてPureCloud for Salesforceについて、そして PureCloud for Zendeskについて