コール転送

注意:この記事は、Genesys Cloud Embeddable Framework、Genesys Cloud for Chrome、Genesys Cloud for Firefox、Genesys Cloud for Salesforce、Genesys Cloud for Zendeskに適用されます。

前提条件

  • 会話 > コール転送 > 編集する 権限

管理者があなたにアクセス権を与えた場合、キュー以外の通話を有効な電話番号またはGenesys Cloud拡張機能に転送できます。

警告:電話をプライベート電話番号に転送すると、HIPAAなどの特定の規制に違反する可能性があります。通話にクレジットカード情報などの機密情報が含まれる可能性がある場合は、通話をプライベート電話番号に転送しないでください。

クライアントをすばやく確認して、自動転送がオンになっているかどうかを確認できます。クリック 矢印  クライアントの右上隅にあります。コール転送をオンにしている場合は、クライアントのログインと電話の下にForwarding Onが表示されます。

クリックできます 転送オン 電話の転送をオフにするか、転送番号を変更します。(また、を介した自動転送の設定セクションにアクセスできます。 メニュー クライアントの左上隅)

ステータス一覧

注意:自動転送をオンにしていて、 ステータス変更すると、クライアントは自動転送を無効にします。ステータスをOn Queueから別のステータス変更しても、クライアントは自動的にコール転送に戻りません。代わりに、手動でコール転送を再度オンにする必要があります。

詳細については、 電話の転送をオンにする、 転送番号を変更する、および 電話の転送をオフにする

統合の詳細については、以下を参照してください。 Genesys Cloudブラウザ拡張機能についてGenesys Cloud Embeddable Frameworkについて, Salesforce向けGenesys Cloudについて、および Zendesk 向け Genesys Cloud について.