シリーズ: WebチャットからWebメッセージングへの移行ガイド

認証されたWebメッセージングを有効にする

前提条件
  • Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud Digital Upgrade
  • Web Deployments Configurations All permission
  • Web Deployments Deployments > All permission
  • 受信メッセージングフロー

認証されたWebメッセージングでは、認証されたユーザーのみがエージェントとのWebメッセージングセッションを開始できます。 これらのユーザーは、Webメッセージを送信する前に、Webサイトにログインする必要があります。

メモ:   Genesysはに依存しています OpenIDコネクト IDプロバイダーと認証サービスに統合するためのオープンスタンダードとして。

始める前に

次の記事を確認してください。

    実行する手順

    1. 認証サーバー(OpenIDプロバイダー)を作成または構成します。
    2. OpenID ConnectMessenger構成統合を作成します。 この統合のクレデンシャルを設定するときは、client-idとclient-secretを使用してください。
    3. メッセンジャーの構成で、 認証。 構成の「認証」領域で、OpenIDConnectMessenger構成統合を選択します。 
    4. 作成して保存する メッセンジャーの展開。 既存のメッセンジャー設定をこの展開に割り当てます。  
    5. メッセンジャーの展開をに設定します アクティブ。 このデプロイメントからメッセンジャーを表示するWebサイトページにコードスニペットをコピーするか、タグマネージャーツールを使用してデプロイします。

    詳しくは、以下の関連記事を参照してください。 認証されたWebメッセージング およびAuthプラグインとAuthProviderプラグイン コマンドとイベント