2018年11月14日


Contact Center

IVRはArchitectでプロンプトを動的に参照

管理者とコンタクトセンターの管理者は現在、プロンプトパーソナライズすることができます再生動的に中に再生するプロンプトを選択することにより、 コール フロー ランタイム 。この機能 、データテーブルの検索やからソースする文字列値に基づいてプロンプトを再生する流れを可能にデータ アクション 。たとえば、特定のDID番号に関連付けられたホテル名。詳細については、 動的に参照されるプロンプトを操作する

New ラップアップ コードビュー

コンタクトセンターのマネージャーは、エージェントが選択したラップアップコードに基づいてインタラクションメトリクス表示できるようになりました。ラップアップ コードビューは、エージェントがインタラクションをどのように分類するかに基づいて、マネージャーが傾向を洞察するのに役立ちます。以前は、管理者のみが見ることができたラップアップ コードド関連のメトリクスキューに基づきます。詳細については、 要約パフォーマンス概要ビュー、 エージェントのまとめの詳細ビュー、そして エージェントのラップアップ間隔の詳細ビュー

ラップアップ コードビューからデータをエクスポートする

コンタクトセンターマネージャは、後処理パフォーマンスサマリビュー、エージェント後処理詳細ビュー、およびエージェント後処理間隔詳細ビューからデータをCSVファイルにエクスポートできるようになりました。マネージャーは、エクスポートされたファイルをコンタクトセンターの他のユーザーと共有し、それを使用してコンタクトセンターのパフォーマンスをさらに分析できます。詳細については、 ビューデータをエクスポートする

エージェントの要約ステータスビューからのデータのエクスポート 

コンタクトセンターマネージャは、エージェントステータス概要ビューおよびエージェントステータス概要詳細ビューからデータをCSVファイルにエクスポートできるようになりました。マネージャーは、エクスポートされたファイルをコンタクトセンターの他のユーザーと共有し、それを使用してコンタクトセンターのパフォーマンスをさらに分析できます。詳細については、 ビューデータをエクスポートする

進行中のビューのエクスポートの改善

ビューのエクスポートを実行しているコンタクトセンターマネージャーは、受信トレイのエクスポートプログレスバーを参照し、進行中のビューのエクスポートをキャンセルできるようになりました。これらの機能により、マネージャーは、実行時間の長いエクスポートを停止して新しいエクスポートを開始する柔軟性を得ることができます。詳細については、 ビューデータをエクスポートする