2019年06月19日


コンタクトセンター

人員管理シフトトレードの紹介

新しい人員管理シフト取引は、 機能管理単位あたりのシフトトレード要求を開始するためにエージェントを可能にしていますオプションに自動的に有効な要求を承認またはレビューのために管理者に送信します。エージェントは、誰とでもシフトを取引したり、他のエージェントに直接取引を提供したりできます。シフトを取引する機能は、エージェントの満足度を高め、管理者がスケジュールを手動で変更するのに費やす時間を短縮します。詳細については、 シフト取引の概要 そして エージェントの人員管理についてをご覧ください。

Architect動的に参照されるユーザー

管理者とコンタクトセンターマネージャーは、実行時にユーザーを動的に選択するフローを構成できるようになりました。この機能右にそれらを送信することにより、顧客とのやり取りをパーソナライズすることが可能になりますユーザー顧客または相互作用データに基づいて。詳細については、 ユーザー検索アクション IDによるユーザーの検索アクション、そして IDによるユーザーの検索アクションをご覧ください。

スパムメールの処理

管理者は、 PureCloudがスパムとして検出したメールを処理する方法を構成できるようになりました。この機能により、管理者は、 PureCloudがスパムとして識別する電子メールの処理方法をより適切に制御できます。詳細については、 ACD メールを管理するをご覧ください。

アウトバウンドACDメールのBCCメールアドレスフィールド

管理者は、送信メールの返信用に最大5つのBCCアドレスを構成できるようになりました。この機能により、組織はサーバーにメールのコピーを保持できます。これは、コンプライアンスを維持したり、バックアップコピーを保存したりするのに役立ちます。詳細については、 ACD メールを管理するをご覧ください。