2018年12月19日


プラットフォーム

PureCloud埋め込みセキュリティの制限の強化

管理者は、制限を選択することができPureCloud埋め込みオプション自分のインスタンス埋め込むから外部のウェブサイトを防止するための組織の設定でPureCloud iframe内に組織を。この機能は、攻撃者の管理下でユーザーをWebサイトにリダイレクトする悪意のある手法である「クリックジャッキング」と戦っています。詳細については、 PureCloud埋め込みを管理する そして PureCloud埋め込みクライアントへのPureCloud埋め込みの管理をご覧ください。

コンタクトセンター

Architectで動的に参照されるキュー 

管理者とコンタクトセンターの管理者は動的に適切なキューを選択するためにフローを設定することができランタイムからデータを調達することにより、 データ アクションやデータのルックアップテーブル。この機能により、組織は顧客またはインタラクションデータに基づいて適切なキューに送信することにより、顧客インタラクションをパーソナライズできます。詳細については、 キューの検索アクションをご覧ください。この機能には エッジとメディア層 バージョン1.0.0.7500以降が必要です。

DNISベースの分析ビュー

コンタクトセンターのマネージャーは、顧客がダイヤルするDNISに基づいて統計を表示できるようになりました。これらの統計は、DNISパフォーマンスビューおよびDNISパフォーマンス詳細ビューに表示されます。マネージャはこのビューを使用して、DNISベースの対話を分析し、さまざまなキューにわたるパフォーマンスを監視できます。詳細については、 DNISパフォーマンスビュー そして DNISパフォーマンス詳細ビューをご覧ください。

DNIS パフォーマンスビューからデータをエクスポートする

コンタクトセンターマネージャーは、DNISパフォーマンスビューおよびDNISパフォーマンス詳細ビューからデータをCSVファイルにエクスポートできるようになりました。マネージャーは、エクスポートされたファイルをコンタクトセンターの他のユーザーと共有し、それを使用してコンタクトセンターのパフォーマンスをさらに分析できます。詳細については、 ビューデータをエクスポートするをご覧ください。