2015年12月18日


Collaborate

新機能と機能性

  • 住所フィールド(通り、市、州、郵便番号、国)を追加するための場所の機能強化。

Communicate

新機能と機能性

  • サイトの機能強化:
    • 分類の名前を番号計画に変更し、使いやすくしました。
    • サイトへのアウトバウンドルートのより良い統合。
    • UIエクスペリエンスの改善。
    • 追加の緊急サービス設定機能を可能にするサイト関連付けられるロケーションを有効にしました。
  • 緊急サービス構成の機能強化:
    • サイトで選択される場所を構成する場所 。
    • サイト関連付けられたエンティティから緊急コールが行われたときに緊急サービスに送信されるデフォルト緊急番号ANIを選択します。
    • どちらかに常に緊急番号を設定する機能が送信されたりなど、他のより適切な数の場合にのみ送信されユーザーさんがDIDまたは電話固有のDIDは使用できません。

コンタクトセンター

新機能と機能性

  • 新しいDialerモードが追加されました。
    • 予測的: 最も攻撃的なダイヤダイヤリング モード 、エージェントが応対可能になる時期を予測し、エージェントがコール分析可能になる前に複数の番号をダイヤルし、 コール分析を使用して生きている人を検出します。
    • : Powerダイヤダイヤリング モードは、エージェントがコールを受信できるようになるまでキャンペーンはダイヤルするのを待ちます。エージェントが再び待機している場合、システムはより多くのコールを発信して、少なくとも1人の生きている人が応答するようにします。
  • 予測又はパワーモードでの攻撃キャンペーン (又はダイヤルの速度)を管理するとき放棄%フィールドの値によって設定されているキャンペーン 。フィールドの数字が大きいほど、 キャンペーンにより多くのコールが開始されキャンペーン 。