フロー宛先ビュー


前提条件

以下の権限:

  • アナリティクス > ; フロー集計 > ; ビュー
  • Architect > ; フロー > ; 検索
  • Architect > ; フロー > ; ビュー
  • 分析 >インサイト構成 >ビュー

フロー先ビューでは、音声の相互作用が入り、どのように確認することができます退出 IVR コンタクトセンターに流れます。Flows Destinationsビューを表示するには、をクリックします 性能 > ; 流れ。次に 行き先 タブ 。

ビューを解釈する

ビューにはグラフと3つの主要セクションがあります。エントリ、終了、および切断。

データのグラフ

このビューには、フローのエントリ、終了、または切断の数に関するデータのグラフが含まれています。グラフでセクション名をクリックして、そのセクションに関するグラフィカルデータを表示します。日付、フロー、またはDNISでフィルタリングすると、グラフのデータがフィルタリングされます。[Exits]セクションまたは[Disconnects]セクションで理由をクリックすると、グラフが更新され、そのセクションの合計コール数と比較してその理由が表示されます。[エントリ]セクションでエントリの理由をクリックしても、データはフィルタリングされません。

データに関する詳細を表示するには、グラフのバーにカーソルを合わせます。上向きの矢印 バーの上はその期間の最大量を表し、下向きの矢印は 最低額を表します。

グラフを表示または非表示にするには、をクリックします グラフ

エントリ

[エントリ]セクションには、インタラクションがIVRフローに入った方法が表示されます。このセクションには、DNISやエージェント転送などの全体的なエントリの理由と、特定のDNIS番号やフローにコールを転送したエージェントの名前などの特定のエントリの理由が表示されます。エントリの理由をクリックして、そのエントリの理由で他のセクションをフィルタリングします。


エントリー理由 説明
エージェント

エージェントがコールをコールコール フロー転送しました。

直接

内部ユーザーなどの誰かが、フロー名をダイヤルパッドに直接入力して、フローを直接呼び出しました。

DNIS

発信者がフローに直接ルーティングする番号をダイヤルしました。

注意:組織がルーティングを設定した方法に基づいて、同じ番号を異なるフローにルーティングできます。例えば、 スケジュール そして 緊急 設定は同じDNISを異なるフローにルーティングできます。

フロー

フローがコールを別のフローに転送しました。

アウトバウンド

連絡先と呼ばれる発信ダイヤル。接触後に応答呼び出し、システムは、アウトバウンドフローにコールを転送しました。


終了

[Exits]セクションには、キューや別のフローなど、IVRフローを終了した後のコールの場所が表示されます。特定の終了理由をクリックして、その理由の詳細を表示し、その終了理由で他のセクションをフィルタリングします。たとえば、ACD理由をクリックして、コールが入力したキューの名前を表示し、その出口があった他の理由の数と割合を表示します。


終了理由 説明
ACD 通話が入った キュー
ACDボイスメール に入力されたコール ACDボイスメール
フロー コールは別のフローに入りました。
グループ 呼び出しはに行きました グループ
番号 呼び出しは別の番号に行きました。
エージェントに戻る エージェントがエージェントへの復帰アクションをトリガーしたセキュアコールコール フローコールを転送した後、コールはエージェントに戻りました。
安全なフロー 通話が入った 安全な流れ
ユーザー 呼び出しは組織のユーザーにユーザーた。
ユーザーボイスメール コールはに行ってきましたユーザー 、組織内でのボイスメール。


切断

[切断]セクションには、コールがIVRフローから切断された方法が表示されます。切断理由をクリックして、その切断理由で他のセクションをフィルタリングします。


切断理由 説明
カスタマーの切断 顧客が電話を切るなどの外部イベントにより、コールがフローから切断されました。
フローの切断 

フローデザインなどにより、フローがコールを切断しました。 切断アクション これにより、発信者は番号を押してフローから切断できます。

システムエラーの切断

コールでフローでエラーが発生し、フローはそのためにコールを切断しました エラー処理設定


セクション列

デフォルト 、各セクションには4つの列があります。

  • その特定のセクションの理由のリスト
  • その理由のための呼び出しの数
  • その理由のための呼び出しの割合
  • コールの総数と比較したコールの割合の視覚的表現

説明
「フロー宛先」ビューの「理由」列 理由 コールがフローに入った、フローから出た、または切断した方法。
フロー宛先ビュー 呼び出し回数 理由に一致するそのセクションの呼び出しの数。
フロー宛先ビューの呼び出しの割合 通話の割合 コールの総数に関連する理由に一致するコールの割合。
フロー宛先ビューは、呼び出しの割合の視覚的表現 視覚的表現 理由に一致する呼び出しの割合の視覚的表現。


特定のエントリをクリックするか、終了するか、または理由を切断して、その理由でセクションをフィルタリングします。理由でフィルタリングすると、ビューは現在のデータを更新し、列を追加します。


説明

画像をクリックして拡大します。Flow Destinationsは、フィルターされた理由を表示します

理由 コールがフローに入った、フローから出た、または切断した方法。ビューは、クリックした理由の行をハイライト表示します。
画像をクリックして拡大します。フロー宛先は、フィルタリングされたコール数を表示します 呼び出し回数 理由および選択した理由フィルターに一致する、そのセクションの呼び出しの数。選択した理由フィルターに一致するコールがない場合、番号は理由に一致するコールの総数として残りますが、数字は淡色表示されます。
画像をクリックして拡大します。フロー宛先は、フィルタリングされたコールの割合を表示します フィルタリングされた通話の割合

理由でフィルタリングすると、この列が表示され、コールの総数に関連する、フィルタリングされた理由に一致するコールの割合が表示されます。選択した理由フィルターに一致する呼び出しがない場合、ビューにはフィルターされたパーセンテージが表示されません。

画像をクリックして拡大します。[フローの宛先]には、フィルターされた通話の合計割合が表示されます 通話の割合 その理由のコールの総数に関連する行の理由に一致するコールの割合。
画像をクリックして拡大します。Flow Destinationsは、フィルターされた視覚的表現を表示します 視覚的表現 理由と選択した理由フィルターに一致する呼び出しの割合の視覚的表現。2つの割合の差は、バーの淡色表示された部分として表示されます。


注意:一度に1つの理由のみを選択してフィルタリングできます。2番目の理由をクリックすると、最初の理由のフィルターがクリアされ、代わりに2番目の理由でデータがフィルターされます。

ビューをカスタマイズする

特定のデータのみを表示するようにビューをカスタマイズします。に ビューのフィルターと日付の設定を保存します、クリック セーブ



日付フィルターを使用して分析ビューをカスタマイズするには、以下のようにします。

  1. 日付フィルタのアイコンをクリックします。 キューパフォーマンス日付フィルタ
  2. 選択した日付フィルタの表示オプションをクリックします。キューパフォーマンス日付フィルタオプション

ビューには、選択した日付フィルタのデータが表示されます。

ビューが自動的に更新され、選択した日付フィルタに現在の間隔が含まれている場合、PureCloudは常に最新の情報を取得するためにビューを更新します。現在の間隔統計を手動で更新したい場合は、更新するをクリックしてください。 選択した日付フィルタに履歴データ(過去の間隔)が表示されている場合、ビューは更新されません。

注意: 一部のビューには、すべての日付フィルタオプションが含まれていません。

アイコン 期間 オプション
キューパフォーマンス日のアイコン

:1日24時間のデータを表示します。

間隔:30分間のデータを表示します。現在の間隔を表示するには、日付表示の隣の現在の間隔 をクリックします。

注意注:「キュー・パフォーマンス詳細」ビューにはすでにデータ・グリッド内に間隔が表示されているため、このオプションは含まれていません。

キューパフォーマンスウィークアイコン

週間:日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。

過去7日間:過去7日間のデータを表示し、今日は7日目です。

キューパフォーマンス月アイコン

:追加日なしで正確な月のデータを表示します。

週間:日曜日から土曜日までの暦月のデータを表示します。月が日曜日に始まらない場合は、追加の日が含まれます。

キューパフォーマンスカスタムアイコン カスタム期間 期間ピッカー:日付選択で選択した日付範囲のデータを表示します。カレンダーの開始日と終了日をクリックしてから、日付ピッカーを適用するをクリックします。 

同じフィルタ設定を使用して異なる期間のデータを表示するには、日付表示の両側にある矢印をクリックします。たとえば、前日のデータを表示するには、日フィルタをクリックしてから日付の左側にある矢印をクリックします。キューパフォーマンス日付

現在の間隔を含む期間のデータを表示するには、該当する今日または現在の間隔をクリックします。これらのリンクは、現在の日時を含まない履歴データを表示したときにのみ表示されます。 キューパフォーマンスビュー当日または期間



ビューをフィルタリングして、特定のフローに関連する情報を表示します。

フローでフィルタリングするには、表示するフローの名前を入力します フローでフィルター フィールド。検索結果からフローを選択します。



DNISでフィルタリングするには、をクリックします フィルタ 。[DNIS]フィールドに、フィルタリングするDNIS番号の完全なDNISを入力します。たとえば、13172223333と入力します。+、 - 、()などの他の文字を含めないでください。

他の番号を入力して再度検索して、一度に複数の番号をフィルタリングします。