近日公開予定の機能:

[フローパフォーマンス]ビューで、メトリックスやフロー結果を含むフローパフォーマンスを確認します。 これらのフローパフォーマンスビューには、次のビューがあります。

 メモ:   これらのビューのフローデータを収集するには、fを再公開する必要があります2019年5月22日より前に公開された安値。 フローの操作の詳細については、を参照してください。 フローを管理する

複数フロー要約ビュー

これらのビューは、複数のフローまたはフロー結果に関する情報を表示します。 フィルタを使用して、ビューに表示されるフローまたは結果をカスタマイズできます。

単一フロー詳細ビュー

いずれかの要約ビューで行をクリックすると、そのフローまたは結果に関する詳細情報が表示されます。 これらの詳細ビューには、単一のフローまたはフロー結果に関する情報が表示されます。 

 メモ:   各ビューには、独自のアクセス許可があります。 権限要件については、各ビューの記事を参照してください。 In Queueコールフローデータは、フローパフォーマンスデータに含まれません。

ワークスペースにデフォルトのタイムゾーンを設定する

分析ビューを表示する前に、分析ワークスペースでデフォルトのタイムゾーンを設定できます。

ワークスペースでデフォルトのタイムゾーンを設定するには、次の手順に従います。

  1. クリック パフォーマンス>ワークスペース。
  2. 左側から、タイムゾーンドロップダウン メニューで、アナリティクス ワークスペースのデフォルトのタイム ゾーンとして必要なタイム ゾーンを選択します。

ビューをカスタマイズする

該当する場合は、特定のデータのみを表示するようにこれらのビューをカスタマイズできます。 たとえば、一部の列のみ、またはフローに関する特定の情報のみを表示するように調整できます。 ビューからビューに移動したり、ビューに戻って戻ったりしても、カスタマイズ内容はそのまま残ります。 保存済みビューとしてフィルターと列の設定を保存することもできます。 同じビューで目的の異なるデータをすばやく切り替えることができます。 また、ビューをデフォルト列設定にリセットできます。 Flows Performance SummaryビューとDetailビューの場合短い切断メトリックを設定することもできます。 各ビューで利用可能なカスタマイズの詳細については、各ビューの記事を参照してください。 

利用可能なカスタマイズは次のとおりです。

  • 日付
  • 列の表示または非表示
  • 列を並べ替える
  • フローまたはフローの結果によるフィルタリング
  • DNISや方向などのインタラクションの詳細によるフィルタリング 

これらのカスタマイズの詳細については、次のセクションを参照してください。

アナリティクスのビューをカスタマイズするには、日付フィルタを使用します。

 

メトリクスを日付でフィルターしたり、カスタムの日付範囲を構成したりするには、プリセットを使用します。 このビューのメトリクスをフィルタリングする場合、最大 6 週間までのカスタム日付範囲を選択します。 

プリセットを使用してメトリックをフィルターするには、次の手順を実行します。

  1. 日付フィルタを表示するには、日付をクリックします。
  2. [プリセット]リストで、プリセットの日付オプション選択します。

日付のプリセット

プリセット 説明
現在のインターバル 現在の30分間のデータを表示します。
今日 現在のインターバルを含む期間のデータを表示します。
昨日 前日のデータを表示します。
今週 日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。
先週 前週の日曜日から土曜日までのデータを表示します。
過去 7 日間 過去 7 日間のデータを表示します。
今月 現在の月のデータを表示します。余分な日はありません。
週別に今月 日曜日に始まり土曜日に終わる現在の暦月のデータを表示します。月が日曜日に始まらないか土曜日に終わらない場合は、余分な日を含みます。
先月 前の暦月のデータを追加日なしで表示します。
過去 30 日間 過去30日間のデータを表示します。
過去 3 か月 過去3か月間のデータを表示します。 例)2022年11月1日~2023年1月31日。
インターバル 30分間のデータを表示します。
1日24時間のデータを表示します。
日曜日から土曜日までの期間のデータを表示します。
追加日なしで正確な月のデータを表示します。 現在の月が選択されている場合、現在の日付までのデータが表示されます。
週別の月 日曜日に始まり土曜日に終わる暦月のデータを表示します。月が日曜日に始まらないか土曜日に終わらない場合は、余分な日を含みます。

カスタムの日付範囲を使用してメトリクスをフィルターリングするには、次の手順を実行します。

  1. 日付をクリックして、日付フィルターを表示します。
  2. カレンダーで開始日と終了日を選択し、フィルター矢印をクリックします。

同じ日付プリセットを使用して異なる期間のデータを表示するには、日付表示の両側にある矢印をクリックします。

たとえば、前日のデータを表示するには、プリセットをクリックし、日付の左側にある矢印をクリックします。

同じ日付プリセットを使用して異なるタイムゾーンのデータを表示するには、タイムゾーンドロップダウン メニューで、必要なタイム ゾーンを選択します。 選択した同じタイムゾーンでレポートを作成および保存できます。

  1. メディアの種類でフィルタリングするには、「フィルタ」アイコンフィルターボタン をクリックします。
  2. メディアタイプを選択します。 

メモ: 
  • フィルターリングの際に、複数のメディアタイプを選択することができます。 該当するメディアの種類をクリックして、選択または選択解除します。
  • 音声タイプとコールバックタイプを同時に選択することはできません。
  • 音声を選択した場合、コールバックのオプションは選択解除され、コールバックを選択した場合、音声インタラクションは選択解除されます。

選択したメディアタイプアイコンが列ヘッダーの上に表示されます。 

 メモ:   使用可能なメディアタイプは、上記のものとは異なる場合があります。

トピックの列を表示または非表示にするには、 をクリックし、検索またはスクロールして表示する列を選択します。 

トピックの列を並べ替えるには、列のヘッダーをクリックし、それをドラッグします。

ビューをデフォルトの列設定に戻すには、ビューをデフォルトにリセット をクリックします。

トピック欄は最大20個まで選択可能です。

列に表示されるメトリクスの詳細については、この記事の「Available Columns 」セクションを参照してください。

ビューのデータはチャートに表示できます。 チャートを表示するには、チャートの表示/非表示アイコンチャートアイコンの表示・非表示をクリックします。