データアクション統合の概念


注意:この記事は、AWS Lambda、Microsoft Dynamics 365、PureCloud、Salesforce、Webサービス、およびZendeskデータアクション統合に適用されます。

統合がどのように機能するかを理解するためには、いくつかの重要な概念が役立ちます。この図は、これらの概念間の関係を示しています。

統合、カテゴリ、およびアクション図

アスタリスク(*)は、図に現れる概念を表します。 大胆な この記事で説明されている用語を示します。

お名前*

名前は、PureCloudで追加および構成した統合の名前です。これらの名前はまたの名前です。 カテゴリー PureCloudを通して、統合とそれに関連するデータアクションを参照するために使用されます。

カテゴリー*

カテゴリは関連の集まりです データアクション 静的アクション そして カスタムアクション)カテゴリは、Architectで対話フローを作成するとき、スクリプトを設計するとき、または別のPureCloudアプリケーションを使用するときに、特定の統合に関連するデータアクションを見つけるのに役立ちます。カテゴリ名は、PureCloud組織の統合の名前と一致します。

データ操データ アクション作

データアクションを使用すると、Webサービスからデータにアクセスし、そのデータを使用してタスクを実行できます(特定のカスタマーデータをエージェントスクリプトに追加するなど)。データアクションは 静的アクション そして カスタム 行動

静的アクション*

AWS Lambdaデータアクション統合は静的アクションを提供しません。

カスタムアクション*

カスタムアクションは データアクション 管理者が作成します。カスタムアクションを使用すると、データを取得、更新、または作成できます。カスタムアクションを使用すると、Architectの対話フロー、エージェントスクリプト、または他のPureCloudアプリケーションを通じて、AWS Lambda関数からのデータに基づいて行動できます。

統合について詳しくは、以下を参照してください。 AWS Lambdaデータアクション統合について

お名前*

名前は、PureCloudで追加および構成した統合の名前です。これらの名前はまたの名前です。 カテゴリー PureCloudを通して、統合とそれに関連するデータアクションを参照するために使用されます。

カテゴリー*

カテゴリは関連の集まりです データアクション 静的アクション そして カスタムアクション)カテゴリは、Architectで対話フローを作成するとき、スクリプトを設計するとき、または別のPureCloudアプリケーションを使用するときに、特定の統合に関連するデータアクションを見つけるのに役立ちます。カテゴリ名は、PureCloud組織の統合の名前と一致します。

データ操データ アクション作

データアクションを使用すると、Webサービスからデータにアクセスし、そのデータを使用してタスクを実行できます(特定のカスタマーデータをエージェントスクリプトに追加するなど)。データアクションは 静的アクション そして カスタム 行動

静的アクション*

静的アクションは データアクション これは統合によってあらかじめ構築されています。あなたはPureCloudを通して、または作成時のガイドとしてこれらの静的アクションを使用することができます。 カスタムアクション 統合のために。

  • アカウントIDでアカウントを取得

    アカウントIDに基づいてアカウントレコードを返します。

  • アカウント名でアカウントを取得

    アカウント名に基づいてアカウントレコードを返します。

  • アカウント番号でアカウントを取得

    口座番号に基づいて口座レコードを返します。

  • 連絡先IDでアカウントを取得

    連絡先IDに基づいてアカウントレコードを返します。

  • 電話番号でアカウントを取得

    電話番号に基づいてアカウントレコードを返します。

  • ケースIDでケースを取得

    ケースIDに基づいてケースレコードを返します。

  • 連絡先名で連絡先を取得する

    連絡先名に基づいて連絡先レコードを返します。

  • Eメールアドレスで連絡先を取得

    Eメールアドレスに基づいて連絡先レコードを返します。

  • 電話番号で連絡をとる

    電話番号に基づいて連絡先レコードを返します。

  • 連絡先IDで最新のオープンケースを取得する

    連絡先IDに基づいて最新の未解決の案件レコードを返します。

カスタムアクション* 

カスタムアクションは データアクション 管理者が作成します。カスタムアクションを使用すると、データを取得、更新、または作成できます。カスタムアクションを使用すると、Architectの対話フロー、エージェントスクリプト、または他のPureCloudアプリケーションを通じて、CRMからのデータを操作できます。

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Microsoft Dynamics 365データアクション統合について

お名前*

名前は、PureCloudで追加および構成した統合の名前です。これらの名前はまたの名前です。 カテゴリー PureCloudを通して、統合とそれに関連するデータアクションを参照するために使用されます。

カテゴリー*

カテゴリは関連の集まりです データアクション 静的アクション そして カスタムアクション)カテゴリは、Architectで対話フローを作成するとき、スクリプトを設計するとき、または別のPureCloudアプリケーションを使用するときに、特定の統合に関連するデータアクションを見つけるのに役立ちます。カテゴリ名は、PureCloud組織の統合の名前と一致します。

データ操データ アクション作

データアクションを使用すると、Webサービスからデータにアクセスし、そのデータを使用してタスクを実行できます(特定のカスタマーデータをエージェントスクリプトに追加するなど)。データアクションは 静的アクション そして カスタム 行動

静的アクション*

静的アクションは データアクション これは統合によってあらかじめ構築されています。あなたはPureCloudを通して、または作成時のガイドとしてこれらの静的アクションを使用することができます。 カスタムアクション 統合のために。

  • 推定待ち時間を取得する

    特定のメディアタイプとキューの推定待ち時間を返します。

  • PureCloudユーザープレゼンスを取得

    ユーザーのプレゼンスを返します。これは、ユーザーがPureCloudに到達できるかどうかを示します。

  • PureCloudユーザールーティングステータスを取得する

    ユーザーがACDインタラクションを受信できるかどうかを示す、ユーザーのルーティング状態を返します。

カスタムアクション*

カスタムアクションは データアクション 管理者が作成します。カスタムアクションを使用すると、データを取得、更新、または作成できます。カスタムアクションを使用すると、Architectの対話フロー、エージェントスクリプト、または他のPureCloudアプリケーションを介してプラットフォームAPIと対話できます。

統合について詳しくは、以下を参照してください。 PureCloudデータアクション統合について

お名前*

名前は、PureCloudで追加および構成した統合の名前です。これらの名前はまたの名前です。 カテゴリー PureCloudを通して、統合とそれに関連するデータアクションを参照するために使用されます。

カテゴリー*

カテゴリは関連の集まりです データアクション 静的アクション そして カスタムアクション)カテゴリは、Architectで対話フローを作成するとき、スクリプトを設計するとき、または別のPureCloudアプリケーションを使用するときに、特定の統合に関連するデータアクションを見つけるのに役立ちます。カテゴリ名は、PureCloud組織の統合の名前と一致します。

データ操データ アクション作

データアクションを使用すると、Webサービスからデータにアクセスし、そのデータを使用してタスクを実行できます(特定のカスタマーデータをエージェントスクリプトに追加するなど)。データアクションは 静的アクション そして カスタム 行動

静的アクション*

静的アクションは データアクション これは統合によってあらかじめ構築されています。あなたはPureCloudを通して、または作成時のガイドとしてこれらの静的アクションを使用することができます。 カスタムアクション 統合のために。

  • アカウント番号でアカウントを取得

    Salesforceで口座番号を検索して、口座レコードを検索します。

  • 連絡先IDでアカウントを取得

    連絡先IDをSalesforceで検索して、アカウントレコードを検索します。

  • 電話番号でアカウントを取得

    Salesforceの電話フィールドを検索して電話番号を検索し、取引先レコードを検索します。

  • メールで連絡する

    SalesforceでEメールアドレスを検索して、連絡先レコードを検索します。

  • 電話番号で連絡をとる

    Salesforceの電話フィールドを検索して電話番号を探し、連絡先レコードを検索します。

  • 連絡先IDで最新のオープンケースを取得する

    連絡先IDをSalesforceで検索して、最近開いたケースを見つけます。

カスタムアクション* 

カスタムアクションは データアクション 管理者が作成します。カスタムアクションを使用すると、データを取得、更新、または作成できます。カスタムアクションを使用すると、Architectの対話フロー、エージェントスクリプト、または他のPureCloudアプリケーションを通じて、CRMからのデータを操作できます。

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Salesforceデータアクション統合について

お名前*

名前は、PureCloudで追加および構成した統合の名前です。これらの名前はまたの名前です。 カテゴリー PureCloudを通して、統合とそれに関連するデータアクションを参照するために使用されます。

カテゴリー*

カテゴリは関連の集まりです データアクション 静的アクション そして カスタムアクション)カテゴリは、Architectで対話フローを作成するとき、スクリプトを設計するとき、または別のPureCloudアプリケーションを使用するときに、特定の統合に関連するデータアクションを見つけるのに役立ちます。カテゴリ名は、PureCloud組織の統合の名前と一致します。

データ操データ アクション作

データアクションを使用すると、Webサービスからデータにアクセスし、そのデータを使用してタスクを実行できます(特定のカスタマーデータをエージェントスクリプトに追加するなど)。データアクションは 静的アクション そして カスタム 行動

静的アクション*

静的アクションは データアクション これは統合によってあらかじめ構築されています。Web サービス データアクション統合の静的アクションは、作成時にガイドとして使用できるテンプレートです。 カスタムアクション 統合のために。

  • テンプレート - カレンダーアラームの作成

    WebサービスへのPOSTの例 

  • テンプレート - 現在の天気

    変更なしでWebサービスから完全な応答を返すGET要求の例。

  • テンプレート - 現在の天気を選択して応答を選択

    Webサービスのレスポンスから個々の値を抽出した後にレスポンスを作成するGETリクエストの例。この行動は安全な行動です。詳細については、 安全なコールフローを操作する

  • テンプレート - 現在の天気サブセットの応答

    Webサービスのレスポンスから完全なオブジェクトを抽出した後にレスポンスを作成するGETリクエストの例。

カスタムアクション*

カスタムアクションは データアクション 管理者が作成します。カスタムアクションを使用すると、データを取得、更新、または作成できます。カスタムアクションを使用すると、Architectの対話フロー、エージェントスクリプト、または他のPureCloudアプリケーションを介してWebサービスからのデータを操作できます。

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Web サービス データアクションの統合について

お名前*

名前は、PureCloudで追加および構成した統合の名前です。これらの名前はまたの名前です。 カテゴリー PureCloudを通して、統合とそれに関連するデータアクションを参照するために使用されます。

カテゴリー*

カテゴリは関連の集まりです データアクション 静的アクション そして カスタムアクション)カテゴリは、Architectで対話フローを作成するとき、スクリプトを設計するとき、または別のPureCloudアプリケーションを使用するときに、特定の統合に関連するデータアクションを見つけるのに役立ちます。カテゴリ名は、PureCloud組織の統合の名前と一致します。

データ操データ アクション作

データアクションを使用すると、Webサービスからデータにアクセスし、そのデータを使用してタスクを実行できます(特定のカスタマーデータをエージェントスクリプトに追加するなど)。データアクションは 静的アクション そして カスタム 行動

静的アクション*

静的アクションは データアクション これは統合によってあらかじめ構築されています。あなたはPureCloudを通して、または作成時のガイドとしてこれらの静的アクションを使用することができます。 カスタムアクション 統合のために。

  • Eメールアドレスで最新のチケットを入手する

    電子メールアドレスに基づいて最新のチケットを返します。

  • ユーザーIDで最新のチケットを入手

    ユーザーIDに基づいて最新のチケットを返します。

  • 組織IDで組織を取得する

    組織IDに基づいて組織レコードを返します。

  • 組織名で組織を取得する

    組織名に基づいて組織レコードを返します。

  • チケットIDでチケットを取得する

    チケットIDに基づいてチケットを返します。

  • メールアドレスでユーザーを取得

    電子メールアドレスに基づいてユーザーレコードを返します。

  • 電話番号でユーザーを取得

    電話番号に基づいてユーザーレコードを返します。

  • ユーザーIDでユーザーを取得

    ユーザーIDに基づいてユーザーレコードを返します。

  • ユーザーをユーザーごとに取得 

    ユーザー名に基づいてユーザーレコードを返します。

カスタムアクション* 

カスタムアクションは データアクション 管理者が作成します。カスタムアクションを使用すると、データを取得、更新、または作成できます。カスタムアクションを使用すると、Architectの対話フロー、エージェントスクリプト、または他のPureCloudアプリケーションを通じて、CRMからのデータを操作できます。

統合について詳しくは、以下を参照してください。 Zendeskデータアクション統合について