前提条件

 以下の権限

  • Analytics Conversation Aggregate View
  • Analytics Conversation DetailView
  • Analytics Queue Observation View
  • Directory > User > View
  • Routing > Queue > View
  • UI > Supervisor Queue Details > View 
  • UI > スーパーバイザステータス制御 > 見る

エージェントをGenesys Cloudからログアウトするには:

  • OAuth > トークン > 削除する 

エージェントのステータスの変更 

エージェントのステータスは、次のビューで変更できます。 

キューアクティビティ詳細ビューでエージェントのステータスを変更する方法の例を次に示します。

エージェントの状況を変更するには、以下の手順を実行してください。

  1.  パフォーマンスキューアクティビティに行きます。 
  2. エージェントがメンバーになっているキューを選択します。 
  3. キューのアクティビティ詳細ビューで、エージェントの名前の横にあるプレゼンスドットの上にカーソルを置きます。  
  4. エージェントのステータスをオフキューまたはキュー中に設定するには、 キューに または オフキューを選択してください。 ステータスからステータス変更すると、エージェントのステータスも自動的に利用可能に変わります。    
  5. エージェントのユーザステータスを設定するには、ステータスドロップダウンからステータスを選択します。 エージェントのステータスがOn Queueの場合は、ユーザステータスを選択してもOff Queueに設定されます。 
     メモ:   注意: ステータスドロップダウンには、エージェントのステータスを不在に変更するオプションがありません。 エージェントのプレゼンスステータスが不在の場合は、変更できません。
  6. 選択したステータスが二次ステータス、プライマリステータス下のドロップダウンでセカンダリステータス選択します。