エージェントのステータスを変更する


前提条件

以下の権限:

  • アナリティクス > 会話集計 > ビュー
  • アナリティクス > 会話の詳細 > ビュー
  • アナリティクス > キュー監視 > ビュー
  • ディレクトリ > ユーザー > ビュー
  • ルーティング > キュー > ビュー
  • UI > スーパーバイザキューの詳細 > ビュー
  • UI > スーパーバイザステータス制御 > 見る

エージェントのステータスの変更 

スーパーバイザは、キューアクティビティ詳細ビューでエージェントのステータスを変更できます。エージェントがキューから外れたり、ステータスを正しく設定したりするのを忘れた場合、スーパーバイザはエージェントのステータスを変更する必要があります。

エージェントの状況を変更するには、以下の手順を実行してください。

  1.  パフォーマンス > ; キューアクティビティに行きます。
  2. エージェントがメンバーになっているキューを選択します。
  3. キューのアクティビティ詳細ビューで、エージェントの名前の横にあるプレゼンスドットの上にカーソルを置きます。 エージェントのステータスを変更 - プレゼンスドットの上に移動
  4. エージェントのステータスをオフキューまたはキュー中に設定するには、 キューに または オフキューを選択してください。ステータスをキュー中からキュー準備中に変更すると、エージェントのステータスも自動的にAvailableに変わります。 エージェントのステータスを変更します - キューで選択
  5. エージェントのユーザステータスを設定するには、ステータスドロップダウンからステータスを選択します。エージェントのステータスがOn Queueの場合は、ユーザステータスを選択してもOff Queueに設定されます。 エージェントステータスの変更 - ユーザーステータスの選択 
    注意:ステータスとして不在を選択することはできません。
  6. 選択したステータスが 二次ステータスプライマリステータスの下のドロップダウンでセカンダリステータスを選択します。エージェントの状態を変更 - 二次状態