アクセス制御構成オブジェクト

Genesys Cloudでは、構成オブジェクトは組織内の特定のリソースです。 管理者は、 部門アクセス コントロールを使用して、その部門のオブジェクトへのアクセスを選択的に許可します。 このアクセスには、表示、追加、編集、および削除が含まれます。

2つの事業所がある場合は、それらの事業所に固有のオブジェクトを関連付けます。 たとえば、ローリーの東海岸の場所とそれに応じて西海岸の場所のオブジェクトを関連付けます。 

  • 東海岸のサポート、東海岸事務所のコールフローメニュー、および東海岸に拠点を置く従業員の主なキューは、ローリー部門に属することができます。
  • ウェストコーストのサポート、ウェストコーストオフィスのコールフローメニュー、およびウェストコーストを拠点とする従業員のプライマリキューは、サンフランシスコの部門に所属できます。
  • 論理的にロケーションベースの部門に属さないオブジェクトを、コーポレートまたはカスタマーケアなどのさらに別の部門に追加することもできます。 ここでは、会社の主要なコールフロー、マーケティングまたは優先サポートキュー、およびアウトバウンドキャンペーンを追加できます。
 メモ:   構成オブジェクトは、1つの部門にのみ属することができます。 デフォルトでは、すべてのオブジェクトはHome部門に属しています。 ホーム部門の名前を変更したり、オブジェクトをホーム部門に移動したり、ホーム部門から移動したりできます。 ただし、削除することはできません。 オブジェクトをHome部門にグループ化したり、それらを格納するための新しい部門を作成したりできます。 詳細については、 代替の概要。

この表はアクセス制御を設定できるオブジェクトの現在のリストを記述したものです。

構成オブジェクト    説明
ルーティングオブジェクトを呼び出す コールルーティングオブジェクトを表示、移動、編集、および削除します。
コーチングの予約 コーチングの予約の作成、編集、削除
連絡先リスト 発信ダイヤル連絡先リストを表示、移動、編集、および削除します。
データテーブル データテーブルを表示、移動、編集、および削除します。
連絡不可リスト アウトバウンドダイヤルの「Do Not Contact」リストを表示、移動、編集、削除します。
緊急 特定のキューを表示、移動、編集、および削除します。
フロー Architectですべてのフロータイプの特定のフローを表示、移動、編集、および削除します。
フロー マイル ストーン フローマイルストーンを表示、移動、編集、および削除します。
フローアウトカム フローの結果を表示、移動、編集、および削除します。
学習モジュール 特定のキューを表示、移動、編集、および削除します。
管理単位 特定の従業員管理単位の情報を表示、移動、編集、および削除します。
メッセージルーティングオブジェクト メッセージルーティングオブジェクトを表示、移動、編集、および削除します。
アウトバウンド キャンペーン 発信ダイヤルキャンペーンを表示、移動、編集、および削除します。
キュー 特定のキューを表示、移動、編集、および削除します。 
スケジュール スケジュールを表示、編集、追加、削除します。
スケジュール グループ 特定のキューを表示、移動、編集、および削除します。
   ユーザー

ステータスの監視、スキル、プロフィール、その他の個人情報など、特定のユーザーおよびエージェントのデータを表示、移動、編集、および削除します。

 メモ:   構成オブジェクトとしてのユーザーは、そのユーザーに関するデータを参照します。 部門にユーザを追加しても、そのユーザはオブジェクトデータや特定の部門にアクセスできません。 詳しくは、オブジェクトとしてのユーザーとアクセス権限を持つユーザーを参照してください。 アクセス制御の概要