アクセス制御クイックスタートガイド


前提条件
  • 全般 > ; 管理者 既存のすべての役割から権限が削除されました。これを怠ると、この権限を役割に割り当てられているユーザーは、組織内のオブジェクトを作成、更新、または削除することができます。
  • 各部門のユーザー役割に割り当てられている次のオブジェクトベースの権限。
    • ディレクトリ > ; ユーザー > ; 編集する (会員を移動させるため)
    • アーキテクト > ; フロー > ; 編集する (流れを動かすために)
    • アウトバウンド > ; キャンペーン > ; 編集する (アウトバウンドキャンペーンを移動するため)
    • アウトバウンド > ; 連絡先リスト > ; 編集する (連絡先リストを移動するため)
    • アウトバウンド > ; DNC リスト > ; 編集する (着信拒否リストを移動するため)
    • ルーティング > ; キュー > ; 編集する (キューを移動するため)
    •  Workforce Management > ; 管理ユニット > ; 編集する (管理単位を移動するため)
  •  オブジェクトが出入りするすべての部門 役割に割り当てられている オブジェクトベースの権限が含まれています
  • を確認 アクセス制御の重要な概念

アクセス制御を使用すると、管理者はユーザー、キュー、フロー、管理ユニット、キャンペーンなどのリソースオブジェクトを個々のビジネスユニットに分割して分類できます。

組織内の事業単位を分離するための部門を作成し、どのユーザーが特定のオブジェクトにアクセスできるかを決定する役割を構成し、オブジェクトを部門に移動します。

このクイックスタートの記事は、アクセス制御の概要を説明しています。

ステップ 1: 新しい部門を作成する


  1. [管理] をクリック
  2. ユーザーと権限部署をクリックします。
  3. クリック  部門を作成
  4. 部門名を入力してをクリック 保存する。新しい部門が[設定]タブに開きます。
  5. (オプション)部門にさらに詳細な説明を追加します。
  6. [保存]をクリックします。




ステップ 2: オブジェクトを編集する権限を持つユーザ役割に部門を追加します


ノート

部門を作成したら、部門に移動するオブジェクトに対する適切な編集権限を使用して、部門をユーザー役割に追加します。

  1. [管理] をクリック
  2. 人と権限クリック
  3. 部門で役割を割り当てたい人に移動します。
  4. クリック もっと  表示されるメニューから、をクリックします。 人を編集。[個人の編集]ページが開きます。 役割 タブ。
  5. オブジェクトを部門に編集するために必要な権限を含む役割を見つけます。
    注意:ユーザーに新しい役割を追加するには、 新しい役割を追加 ボックスに最初の数文字を入力し、リストから選択します。
  6. の中に 部署 列、次の操作を行います。
    1. 内側をクリック 部署 ボックス。
    2. 部門の最初の数文字を入力して、リストから選択します。
    3. (オプション)この役割にすべての部門を追加するには、をクリックします。 すべて選択
    4. (オプション) 将来のすべての部門 このチェックボックスをオンにすると、アクセス許可を提供する役割のすべての部門にアクセスできるようになります。このオプションを使用すると、組織に新しい部門を追加するときにこの手順を繰り返す必要がなくなり、ユーザーはすぐにオブジェクトを移動できます。
  7. このユーザーの役割にさらに部門を追加するには、ステップ6を繰り返します。
  8. 役割から部門を削除するには、をクリックします。 バツ 部門の隣にあります。
  9. [保存]をクリックします。
  10. 部門のオブジェクト編集権限を付与するすべてのユーザーに対して、手順1〜9を繰り返します。




ステップ 3: オブジェクトを新しい部門に移動する


ノート:デフォルトでは、すべてのオブジェクトは ホーム 分割。

この時点で、適切な権限とアクセス権を持つユーザーは、オブジェクトを新しい部門に移動できます。ユーザー、キュー、フロー、キャンペーン、連絡先リスト、着信拒否リスト、管理単位などのオブジェクトを部門に移動するには、次のものが必要です。

  • オブジェクトに対する編集権限を持つ割り当てられた役割。たとえば、メンバーを移動するには、 ディレクトリ > ; ユーザー > ; 編集する 許可 ;キューを移動するには、 ルーティング > ; キュー > ; 編集する 許可。
  • 役割に割り当てられているすべての部門、または役割に割り当てられているオブジェクトと役割に割り当てられているオブジェクトを移動する部門のいずれかです。

オブジェクトを移動するには:

  1. [管理] をクリック
  2. ユーザーと権限部署をクリックします。
  3. オブジェクトを移動したい区分をクリックします。
  4. メンバーを部門に移動するには、次の手順に従います。
    1. メンバー タブをクリックします。
    2. の中に 人を再割り当て ボックスで、人の名前の最初の数文字の入力を開始してから、リストからそれを選択します。PureCloudはメンバーを部門に移動します。
    3. 移動するメンバーごとに手順4を繰り返します。
  5. さらに多くのオブジェクトを分割に移動するには:
    1. 該当するタブ([キュー]、[管理単位]、[フロー]、[キャンペーン]、[連絡先リスト]、または[DNCリスト])をクリックします。
    2. 移動するオブジェクトを検索して、リストから選択します。
    3. 移動する追加のオブジェクトごとに手順5を繰り返します。
  6. 分割から別のオブジェクトに複数のオブジェクトを移動するには、次の手順に従います。
    1. 適切なタブ([メンバー]、[キュー]、[管理単位]、[フロー]、[キャンペーン]、[連絡先リスト]、または[DNCリスト])をクリックします。
    2. 移動する各オブジェクトの横にあるチェックボックスをオンにします。
    3. クリック もっと 。[部門の再割り当て]パネルが表示されます。
    4. 新しい部門を選択、 クリック 部門を選択 オブジェクトを移動したい部門をリストして選択します。
    5. [保存]をクリックします。