アクセス区分の概要

Genesys Cloudでは、管理者は分離してグループ化できます 構成オブジェクト 別々のアクセス区分に。 アクセス区分とは、オブジェクトをグループ化して分離しながら、それらを同じ組織内に保持する方法です。 たとえば、部署、国、およびオフィスの場所ごとにアクセス区分を作成してから、各アクセス区分に構成オブジェクトを割り当てることができます。 アクセス区分を作成して構成したら、役割を使用してアクセス区分、つまり各アクセス区分内のオブジェクトへのユーザーアクセス権を付与できます。

メモ: 

最初にアクセス区分を構成した後、メンテナンスは最小限でかなり簡単です。 キューを作成するのは、それを正しいアクセス区分に関連付けるのと同じくらい簡単です。 このプロセスにより、適切なアクセス区分で役割を持つユーザーが、そのアクセス区分内のオブジェクトに適切にアクセスできるようになります。

これらのオブジェクトタイプを使用してアクセス区分を設定できます。

    • ルーティングオブジェクトを呼び出す
    • コーチングの予約
    • 連絡先リスト
    • データテーブル
    • 連絡不可リスト
    • 緊急
    • フロー
    • フロー マイル ストーン
    • フローアウトカム
    • 学習モジュール
    • 管理単位
    • メッセージルーティングオブジェクト
    • アウトバウンド キャンペーン
    • キュー
    • スケジュール
    • スケジュール グループ
    •    ユーザー

      多くても、オブジェクトは単一のアクセス区分の一部になることができます。 たとえば、サポートキューは、東海岸地区と西海岸地区に属することはできません。どちらか一方にしか属することができません。 オブジェクトは1つのアクセス区分に属しますが、Genesys Cloudはユーザーがアクセスできるアクセス区分数を制限しません。 スーパーバイザは、組織のニーズや要件に応じて、複数のアクセス区分を担当することができます。

      構成可能なオブジェクトに加えて、トランザクショナルオブジェクトは、システムを通過するときに遭遇するアクセス区分に自動的に関連付けられます。 トランザクションオブジェクトには、音声、コールバック、チャット、Eメール、およびメッセージの会話が含まれます。レコーディングプレゼンス履歴データを監査します。 詳細については、 アクセス制御トランザクション オブジェクトをご覧ください。

      この例には、次の3つのアクセス区分が含まれています。 インディアナポリス、サンフランシスコ、および企業。 次に、組織内に存在するキューを確認し、場所別に並べ替えます。 東海岸のキューはインディアナポリス地区に属し、西海岸のキューはサンフランシスコ地区に属しています。 ユーザとコールフローに対して同じタスクを実行します。

      オブジェクトが適切なアクセス区分に移動したら、ユーザー役割を付与してから、各ユーザーの役割に適切なアクセス区分を割り当てます。

      • Diane Ableはスーパーバイザーの役割を果たします。 ダイアンの役割は、インディアナポリス アクセス区分にアクセスすることです。
      • Dex Cooperはスーパーバイザーの役割を果たします。 Dexの役割は、サンフランシスコ アクセス区分にアクセスすることです。
      • Ellen Templarは管理者の役割を果たします。 エレンの役割は、インディアナポリス、サンフランシスコ、そしてコーポレート アクセス区分へのアクセスを持っています。

      上記の例では、Ellen Templarはすべてのアクセス区分のキュー、ユーザー、フローにアクセスできます。 Diane Ableはインディアナポリス地区のそれらのオブジェクトにのみアクセスすることができます。 同様に、Dex Cooperは、サンフランシスコ アクセス区分のオブジェクトにのみアクセスできます。 Ellen Templarは3つのアクセス区分すべてにアクセスできますが、彼女のユーザーオブジェクトデータはインディアナポリス アクセス区分にあることに注意してください。 アクセス区分へのアクセス権を持つユーザーとしてのEllen Templarは、Indianapolis アクセス区分のユーザーオブジェクトとしてのEllen Templarとは異なります。

      この構成がGenesys Cloud全体で提示される分析データにどのように影響するかを理解するには、Ellen TemplarとDiane AbleがSkills Performanceビューにアクセスする方法をご覧ください。

      • Diane Ableがこのビューを開くと、表示されるデータは、インディアナポリス アクセス区分に関連するすべての会話のメトリックで構成されています。 このデータには、インディアナポリス アクセス区分のキューまたはエージェントのいずれかが処理するすべての会話が含まれます。 これには、サンフランシスコ事業部のキューで処理された会話が含まれることがあります。おそらく、事業部外へのオーバーフローまたはオブジェクト転送の場合です。 
      • Ellen TemplarがSkills Performanceビューを開いたとき、彼女が見る測定基準はDiane Ableが見るものとはおそらく異なる。 この現象は、EllenがIndianapolisのアクセス区分に関連付けられている会話にアクセスできるだけでなく、San Franciscoのアクセス区分に関連付けられている会話にもアクセスできるために発生します。 この場合、Ellen Templarに提示されたメトリックはDiane Ableが見ることができるサブセットを含んでいますが、おそらく異なっています。

      ホームのアクセス区分

      すべての組織には、ホーム アクセス区分と呼ばれる単一のデフォルト アクセス区分が含まれています。 ホーム アクセス区分の名前を変更したり、オブジェクトをホーム アクセス区分に移動したり、ホーム アクセス区分から移動したりできます。 ただし、削除することはできません。 オブジェクトをHome アクセス区分にグループ化したり、それらを格納するための新しいアクセス区分を作成したりできます。

      アクセス制御の前に存在する組織の場合: 新しいアクセス区分を作成してオブジェクトをそれらに編成するまで、すべての構成オブジェクトはホーム アクセス区分に属し、トランザクションオブジェクトはホーム アクセス区分に関連付けられます。 

      すべてのオブジェクトは1つのアクセス区分に属するため、既存のオブジェクトを1つのアクセス区分に追加することはありません。それらをあるアクセス区分から別のアクセス区分に移動します。 新しいオブジェクトを作成したときたとえば、ユーザーの追加やキューの作成など、オブジェクトが属するアクセス区分を選択できます。 デフォルトの区分はHomeです。

      許可されたユーザーおよびグループに対するアクセス制御

      許可されたグループまたはユーザーに別の組織で働くことを許可するときは、アクセス制御に注意してください。 Genesys Cloudは、組織とペアリングすることによって、メンバーに与えられた役割に割り当てられたすべてのアクセス区分に対して、承認されたグループまたはユーザアクセスを自動的に付与します。 詳細については、 認定機関について そして 許可ユーザーおよびグループをご覧ください。