含めることができるアクセス区分を作成および構成する 特定のオブジェクトタイプ。

  • ルーティングオブジェクトを呼び出す
  • コーチングの予約
  • 連絡先リスト
  • データテーブル
  • 連絡不可リスト
  • 緊急
  • 内線番号
  • フロー
  • フロー マイル ストーン
  • フローアウトカム
  • 学習モジュール
  • 管理単位
  • メッセージルーティングオブジェクト
  • アウトバウンド キャンペーン
  • キュー
  • スケジュール
  • スケジュール グループ
  • ユーザー

メモ: 

アクセス区分を作成するには、次の手順に従います。

  1. 管理をクリックします。
  2. ユーザーと権限部署をクリックします。
  3. アクセス区分を作成をクリックします。
  4. アクセス区分名を入力してをクリック 保存する。 新しいアクセス区分は 設定 タブ 。
  5. (オプション)事業部にさらに詳細な説明を追加して、 保存する

この時点で、誰かがオブジェクトを新しいアクセス区分に移動できるように、自分自身または別のユーザーにアクセス区分内の適切な役割を付与する必要があります。 オブジェクトをアクセス区分に移動できない場合は、そのタイプのオブジェクトを編集する権限があることを確認してください。

  • オブジェクトが現在属しているアクセス区分。
  • オブジェクトを移動したい部分。

詳細については、 あるアクセス区分から別のアクセス区分にオブジェクトを移動する