役割を追加


前提条件
  • 認可 > ; 役割 > ; 追加する 許可

重要:各役割を使用するライセンスは、役割に割り当てられた最も高価な権限に対応します。ライセンスは、役割に割り当てられた関連のあるコストを示します。

役割の数を最小限に抑える

あなたが持っている役割が多ければ多いほど、権限とそれを持っている人を管理するのにより多くの時間がかかります。役割を作成する前に、代わりに既存の役割の権限を変更することを検討してください。例えば、組織内の全員に、グループの作成などの追加の権限を付与する必要がある場合、新しい役割を作成してユーザー全員にそれを割り当てるより、従業員役割にその権限を追加する方が効率的です。

追加の役割は、あなたの組織内のユーザーのサブセットべきである持っているまたは特定の権限がない場合に便利です。見る 製品、役割、および許可リスト 役割に追加または役割から削除できるユーザー権限のリストを参照してください。

ユーザーには、1〜5分以内に役割と権限の変更が表示されます。管理者がグループ、連絡先、役割、他のエンティティを作成、またはプロファイルを変更した場合、ユーザーはリストを更新して変更を確認する必要もあります。リストを最新表示するには、ユーザーは別のユーザーをクリックして戻るか、画面を最新表示するか、または検索を実行します。

注意:デフォルトの役割の元の権限設定を復元するには、をクリックします。 デフォルトの役割に戻す

新しい役割を作成する

  1. クリック 管理者
  2. ユーザーと権限役割/権限をクリック。
  3. クリック  役割を追加
  4. フィールドに名前とオプションの説明を入力します。
  5. クリック 許可 ロールに権限を割り当てるためのタブ:
    1. 許可カテゴリをクリックして展開します。
    2. 追加する各権限の横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. 保存するをクリックします。

既存の役割をコピーしてカスタマイズする

  1. クリック 管理者
  2. ユーザーと権限役割/権限をクリック。
  3. 作成したい役割に似た役割を見つけます。
  4. クリック もっと  表示されるメニューから、をクリックします。 役割をコピー
  5. 役割名とオプションの説明を編集します。
  6. クリック 許可 ロールに権限を割り当てるためのタブ:
    1. 許可をクリックしてカテゴリを展開します。
    2. 追加する各権限の横にあるチェックボックスをオンにします。
  7. 保存するをクリックします。