Genesys Cloudの役割と権限は、管理タスクとジョブ機能に基づいています。 Genesys Cloud Documentsはユーザーを組み込みます 役割と権限 次の2つのレベルで、特定の機能、ディスプレイ、タスクへのアクセスを許可します。

  • を持っているすべてのユーザー 管理者 役割自動的に コンテンツ管理管理者 権限と コンテンツ管理ユーザー 権限 。
  • を持っているすべてのユーザー 社員 役割自動的に コンテンツ管理ユーザー 権限 。

 メモ:   権限の更新が Genesys Cloud を通過して有効になるまでに最大 5 分かかる場合があります。

を持つユーザー コンテンツ管理管理者 権限 :

  • グループワークスペースを管理する(追加、編集、削除)
  • グループワークスペースのメンバーシップを管理する 
  • グループワークスペースにタグを追加する
  • 検索監査

    機能の廃止 詳細については、廃止予定: ドキュメント内の監査機能

を持つユーザー コンテンツ管理ユーザー 権限は、個人のワークスペースで次のことを実行できます。

  • ファイルを検索します。 
  • ビューファイル
  • ファイルのプロパティを管理する
  • ファイルを別のワークスペースに移動する
  • ファイルをアップロードします。  
  • ファイルをダウンロードします。  
  • 共有ファイル

 メモ:   グループのワークスペースにユーザーを追加すると、そのワークスペースのアクセスの適切なレベルを割り当てます。