2019年10月9日

Contact Center

優先エージェント ルーティングの導入

新しい優先エージェント ルーティング 機能 により、管理者は CRM やその他のソースからのデータを活用してルーティングを制御できます。 この機能 は、以前に作業したエージェントと顧客を照合するのに役立ち、顧客エクスペリエンスの向上につながります。  詳細については、「 詳細なルーティングの概要」、「 優先エージェント ルーティングの動作」、「 対話ルーティングについて (ACD)」を参照してください。

セッションの共同参照の改善

色とボタンの配置の変更により、コブラウズ セッション を共有する顧客とエージェントのユーザー エクスペリエンスが向上します。 詳細については、 共同ブラウズ共有者エクスペリエンス.

プラットフォーム

組織設定の改善

管理者は、[組織の設定] の [会社名] フィールドを編集して、ログイン画面に表示される組織名、ブラウザー タブ、およびユーザーのミニ カードを変更できるようになりました。 詳細については、 組織設定の表示.