データアクションのセキュリティ


注意:この記事は、Adobe、Microsoft Dynamics 365、 Salesforce 、Webサービス、およびZendeskデータアクションの統合に適用されます。

データ アクションと Web サービス間のセキュリティを、より細かく向上させることができます。

注意:セキュリティを強化するこれらの方法は、すべてのタイプのデータアクション統合に適用されるとは限りません。
  • IPアドレスのフィルタリング では、Genesys CloudのみがWebサービスにアクセスできます。

    アウトバウンドのために使用されているIPアドレスの追加データ アクション allowlistにWebサービスへのトラフィックを。詳細については、以下を参照してください。 ファイアウォール allowlist の IP アドレス.

  • mTLS 認証 データアクションサービスのみがWebサービスに接続していることを確認します。

    Genesys Cloudデータアクション認証機関(CA)からのクライアント証明書を信頼するように、Webサービスを構成します。詳細については、 データアクションのmTLSサポート.

  • OrgIdヘッダー 他のGenesys Cloudのお客様がお客様のWebサービスにアクセスできないようにします。

    inin-organization-idヘッダーがGenesys Cloudの組織IDと一致していることを確認します。詳細については、 組織の設定を表示する.

  • 認証 あなたの身元を確認します。

    認証システムを使用して、Genesys Cloudがお客様の認証情報を公開せずにお客様のシステムにアクセスできるようにします。詳細については、 Web サービス データアクション統合の資格情報タイプ.

統合の詳細については、 アドビのデータアクション統合について, Microsoft Dynamics 365データアクション統合について, Salesforceデータアクション統合について, Web サービス データアクションの統合について、および Zendeskデータアクション統合について.