複数のインタラクションを管理

組織の設定に応じて、エージェントは複数のインタラクションおよびインタラクションの種類を同時に受信して操作できます。 例えばエージェントは一度に2つのチャットに対応したり、チャットに応答しているときに電話を受けるといったことができます。 または、2つの電子メールのやり取りを処理し、キューに代わって電話をかけることもできます。

 メモ:   詳細情報, 見る エージェントの使用率。

エージェントが行くとき キューに 新しいインタラクションを受け入れるには、インタラクションパネルを開きます。 キューにいないときに、[インタラクション]パネルを表示するには、[ 相互作用。

対話を受け入れるには、をクリックします 応答。 着信インタラクションを拒否するには、をクリックします 却下。 詳細については、 対話を受け入れて完了する。

左側のインタラクションリスト、つまり名簿は、新しいインタラクションと現在のインタラクションが表示される場所です。 各インタラクションはリストに個別に表示されます。 外部連絡先が異なるチャネルで複数のインタラクションを持っている場合、GenesysCloudはその外部連絡先のインタラクションをグループ化します。 インタラクションを操作するには、アクティブインタラクションリストからインタラクションを選択します。

現在のインタラクションを追跡するには、インタラクションリストを使用します。 タイマーとステータスアイコンは、インタラクションのタイプ、インタラクションのステータス(アクティブまたはアクティブ)を示します。 アフターコールワーク(ACW)、およびインタラクションの現在のステータスの期間。

重要。   連絡先と組織のインタラクション履歴を作成するには、インタラクションに関連付けられているプロファイルを必ず確認してください。