スクリプトで外部ソースからデータを検索する


スクリプトは、データアクションまたはブリッジアクションが使用可能な任意のデータソースからデータを照会できます。アクションをサポートする任意のスクリプトコンポーネントが使用できます データアクション。データアクションの実行 必要な入力を外部インタフェースに渡してから、オプションで出力変数に返されたデータを受け取る。

データアクションについて。データアクションの実行

このアクションにより、スクリプトは外部のデータソースからデータを照会できます。通常は 外部データソース CRMまたはデータベースアプリケーションです。Webサービスがサポートしている場合、スクリプトはこのアクションを使用して、エージェントによって収集された情報をデータベースまたはCRMに渡すこともできます。

ノート:
  • データアクションはデフォルトでは利用できません。有効にする必要があります データ操作 スクリプトプロパティ。
  • すべてのデータソースがスクリプトからデータを更新できるわけではありません。
    • Webサービスデータディップコネクタを使用してデータソースを更新するには、特にこの目的のためにWebサービスをPOSTエンドポイントで実装する必要があります。
    • データアクションからスクリプトに返されるデータは互換性のある形式でなければなりません。現在、スクリプトはJSON配列からデータを読み取ることができません。データディップコネクタから返される一部のフィールドは現在アクセスできない可能性があります。
  • Bridgeアクションでスクリプトを使用するには、エージェントが必要です。 統合 > ; アクション > ; 見る そして 実行する 権限スクリプトデザイナーも必要 見る そして 実行する 権限スクリプトにデータアクションを追加するために、設計者は追加、削除、および編集権限を必要としません。設計者は、データソースを追加、編集、または削除するためにこれらの権限のみを必要とします。見る 製品、役割、および許可リスト

スクリプトでデータアクションを設定するには

  1. アクションをサポートするボタンまたは他のコンポーネントを追加します。または、 ページロードアクション データアクションを呼び出します。
  2. クリック アクションが選択されていません
  3. 選ぶ データアクション。データアクションの実行 アクションポップオーバーから。
  4. リストからアクションを選択してください。
  5. クリック 選択する
  6. 変数、静的な値、または内挿されたテキストを使用して必要な入力を記入してください。
    注意: アクションに必要な入力項目を入力するように求められます。さまざまなアクションがさまざまな入力を受け入れます。
  7. [出力]で、必要に応じて、アクションによって取得されたデータの各項目に変数を作成して割り当てます。
  8. クリック 選択する

アクションが実行されると、必要なすべての入力値とともに要求を送信し、結果のデータがある場合はそれを出力変数にロードします。スクリプトは出力変数を使用して結果を表示できます。見る 変数値を表示するには中括弧を使用

ヒント: スクリプトをプレビューするときにデータアクションをシミュレートすることはできません。システムは、どのアクションを呼び出すかを示すトーストメッセージを表示します。スクリプトをプレビューすると、システムは出力変数にデータを割り当てません。