スクリプトが外部データを使用できるようにする


前提条件

  • スクリプター > 脚本 > 見る, 実行する

データアクションでスクリプトを使用するには、次の権限が必要です

  • 統合 > アクション > 見る, 実行する

スクリプトを有効にする データ操作 プロパティにより、外部データアクションとブリッジアクションの両方を使用できます。データアクションはデフォルトで無効になっています。

  1. クリック 管理者

  2. Contact Centerクリック スクリプト
  3. エディターで開くには、スクリプトの名前をクリックします。

  4. クリック 脚本 落ちる。次にクリック スクリプトのプロパティ.

  5. クリック データ操作 プロパティグループ

  6. スイッチを 有効 ポジション。

関連する権限

データアクションでスクリプトを使用するには、エージェントが必要です。 統合 > ; アクション > ;見る そして 実行する 権限

スクリプト設計者は 見る そして 実行する 権限。追加するにはデータ アクションにA スクリプトは、設計者は必要ありません。 追加, 削除する、および 編集する 権限。これらの権限は、デザイナーがデータアクション統合を追加、編集、または削除する必要がある場合にのみ必要です。見る 製品、役割、および許可リスト