統合用のカスタムアクションを作成する

 メモ:   この記事は、Adobe、AWS Lambda、Genesys Cloud、Google、Microsoft Dynamics 365、Salesforce、Webサービス、Zendeskデータアクションの統合に適用されます。

データアクション統合を追加およびアクティブ化すると、Genesys Cloudはその特定の統合に対して静的アクション(利用可能な場合)を自動的に追加します。 

また、データアクション統合で使用するためにGenesys Cloudでカスタムアクションを作成することもできます。 テンプレートとして使用する既存のアクション(静的またはカスタム)をコピーするか、または次の手順に従ってまったく新しいアクションを作成します。 アクションを追加するときには、契約と構成を追加するか、別のデータアクションからそれらをインポートすることができます。 詳細については、 データアクションを編集、コピー、または削除する そして データアクションをインポートまたはエクスポートする

  1. Genesys Cloud組織のアクションページに移動します。
    1. 管理をクリックします。
    2. 下 統合クリック 行動。

      [Actions]ページが表示されます。 詳細については、 統合のためのアクションを管理する

  2. アクションを追加してください。
    1. クリック アクションを追加

      どちらの統合がこのアクションを使用しますか?ダイアログボックスが表示されます。

    2. このアクションを使用したい統合をリスト内でクリックします。 または、検索ボックスに統合名を入力して、インストール済みの統合を参照します。 
       メモ:   すでにインストールされている統合のみがリストに表示されます。 インストールできるデータアクション統合のリストについては、を参照してください。 統合について
    3. アクションの名前を入力してください。 
    4. クリック 追加する。

      アクションの概要ページが表示されます。 詳細については、 統合のための個々のアクションの管理.

  3. (オプション) 概要 タブで、HIPAA / Secure Dataを選択します。

    HIPAA /セキュアデータを選択した場合、セキュアフローではセキュアデータのコールアクションとしてのみアクションを使用できます。 詳細については、 セキュアコールフローの概要

  4. 契約を追加する。 
  5. 設定を追加。 
  6. アクションをテストする。
  7. アクションを保存してください。
    1. 下書きを保存するには、をクリックします 下書きを保存
    2. アクションを公開するには、 &amp ; の公開を保存. 
       メモ:   アクションを公開した後は、HIPAA /セキュアデータの選択または契約を変更することはできません。 ただし、設定は変更できます。 詳細については、 カスタムアクションで設定を変更する。 

カスタムアクションを公開した後は、Genesys Cloud全体で使用することができます。 

詳細については、 統合のカスタムアクションについて そして データアクションはJSONではなくXMLを使用できますか?.

統合の詳細については、 データアクションの統合について.