統合用のデータアクションを編集、コピー、エクスポート、または削除する

 メモ:   この記事は、Adobe、AWS Lambda、Genesys Cloud、Google、Microsoft Dynamics 365、Salesforce、Webサービス、Zendeskデータアクションの統合に適用されます。

[アクション]ページには、データアクションの統合に関するすべての静的アクションとカスタムアクション、および各データアクションに関する情報が一覧表示されます。 アクション(静的またはカスタム)を編集、コピー、またはエクスポートしたり、カスタムアクションを削除したりできます。 詳細については、 統合のためのアクションを管理する

ヒント:   先端:アクションの作成を早くするには、 コピーアクション オプション。既存のアクションから契約と設定をコピーします。 その後、空の契約と構成にデータを追加するのではなく、契約と構成を変更できます。
  1. へ進みます アクション ページをGenesys Cloud組織で使用します。
    1. 管理をクリックします。 
    2. 下 統合クリック 行動。

      [Actions]ページが表示されます。

  2. 編集、コピー、エクスポート、または削除する操作の横にあるをクリックします。 もっと。
  3. メニューから次のいずれかのオプションを選択します。
    • アクションの編集

      入力した情報や、未発行のアクションに対して行った設定は変更できます。 アクションが公開された場合は、HIPAA / Secure Dataの選択または契約以外の情報を変更できます。

    • コピーアクション

      Genesys Cloudは、アクション名に含まれる(Copy)と同じアクションを作成します。 既存のアクションからコピーされたJSONをテンプレートとして使用して、名前、コントラクト、および構成を変更できます。 詳細については、 カスタムアクションを作成するを参照してください。

       メモ:   コピーアクションは、同じ統合内のデータアクションをコピーするためだけに機能します。 統合またはGenesys Cloud組織外でデータアクションを再利用するには、以下を参照してください。 データ操作のインポートまたはエクスポート.

    • アクションをエクスポート

      警告:  アクションをエクスポートする前に、ハードコードされた認証情報やAPIキーなどの機密データを削除してください。
      Genesys Cloudは、静的またはカスタムデータアクションのすべての契約と設定を含むJSONファイルをエクスポートします。 このJSONファイルを後で、同じまたは異なるGenesys Cloud組織の別のデータアクションにインポートできます。 詳細については、 データアクションをインポートまたはエクスポートするを参照してください。

    • アクションの削除
       メモ:   削除できるのはカスタムアクションだけです。

      Genesys Cloudは、アクションを削除するよう促します。 このアクションは、下書きを含む、アクションに関連したすべての情報を削除します。 

      重要。   Architectの対話フローやスクリプトなど、他の場所でこのデータアクションを参照する場合は、これらのアプリケーションで参照を更新する必要があります。 

詳細については、 統合のカスタムアクションについて

統合の詳細については、 データアクションの統合について.