転送アクションをフローに追加する


Architectには、フローメニューとタスクシーケンスで使用するためのいくつかの転送アクションがあります。

  • ACDへの転送アクションは、対話をキューイングシステムに転送します。
  • 「ユーザーに転送」アクションは、対話をPureCloudユーザーに直接転送します。
  • 番号への転送アクションは、インタラクションを外部番号に転送します。
  • フローアクションに転送する転送 an インタラクション 別のコール フローへ。
  • セキュアフローへの転送アクションは、セキュアデータを含む公開済みフローに直接対話を転送します。
  • ボイスメールのアクションに転送転送 an インタラクション 直接にPureCloud ユーザーのボイスメール。
  • Groupアクションに転送する転送 an インタラクション 既存のグループに スキル 、マネージャー、プロジェクトなどの共通の特性を持つユーザーを関連付けます。詳細については、 グループについて
注意:これらのアクションは、コールフローメニューの選択項目、およびコール、Eメール、またはメッセージフローのタスクシーケンスで使用できます。メニュー選択は DTMF および音声認識などの共通設定を含みます。これらの追加メニュー選択設定の詳細については、Suggested contentを参照してください。


ACD へ転送は、PureCloud の ACD 割り当てサービスにインタラクションを送ります。ACD 処理は、言語スキル コンポーネントで FIFO (first in, first out) アルゴリズムを使用します。FIFO処理では、PureCloudは最も早く到着したインタラクションを最初の使用可能なリソースに送信します。言語コンポーネントは利用可能なエージェントのプールを適切な言語に堪能なエージェントに制限します。ACD転送をコールフローメニューまたはコール、メッセージ、またはEメールフローのタスクシーケンスに追加できます。フロー設計によって、このアクションをいつどのように使用するかが決まります。詳細については、 ACDへの転送アクションを設定する

コールフローにACDへの転送アクションを追加する

  1. から ツールボックス拡大する 転送 カテゴリーとdぼろ ACDに転送 フローシーケンス内の適切な場所へのアクション。
  2. の中に フィールドに、転送アクションのわかりやすい名前を入力します。この名前がフローシーケンスの転送ノードの名前になります。
  3. [通話フローメニューのみ] DTMFおよびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. クリック DTMF ダイヤルパッドを押し、発信者が発信者データ入力操作を入力するために押すキーを選択します。
    2. [音声認識]フィールドに、オプションでメニューオプションに関連付ける単語やフレーズを追加します。
    3. ユーザが内線番号を見つけるために任意のメニューからこの番号を押すことを許可するには、 DTMFは任意のメニューからこのメニュー選択に行きます チェックボックス
    4. 音声認識エンジンがフロー内の任意の場所で口頭による要求に一致した場合に対話を現在のメニュー操作にすぐに送信するには、 音声認識用語は、どのメニューからでもこのメニュー項目に移動します。 チェックボックス
  4. (オプション) 転送前オーディオプロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを設定する システムがインタラクションを転送する前に発信者に再生されます。
  5. (オプション) 音声転送失敗、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加します。 または オーディオシーケンスを設定する 転送アクションが失敗を検出した場合、発信者に再生されます。
  6. 優先度、 星をクリックしてインタラクションを優先する。独自のものを提示したい場合は、別の変数、式、またはリテラル値に優先順位を設定することもできます。 
  7. 最後の部分をクリック キュー フィールドをクリックして、インタラクションを割り当てるキューを選択します。
  8. (オプション)デフォルトのキュー内フローの代わりにカスタマイズされたキュー内フローを選択するには、をクリックします。 デフォルトのキュー内処理をオーバーライドする
    注意注:このオプションを選択すると、選択がキュー内コールフローに変わります。ここで、このキューの保留時に顧客に聞こえるデフォルト以外のフローを選択できます。
  9. (オプション)Toフローが実行されている言語に設定されている言語スキルを上書きするには、をクリックします。 言語スキルを上書きする 転送アクションに使用する言語スキルを選択します。言語のデフォルトの言語スキルを サポートされている言語 容器。
  10. (オプション)をクリックします。 ACDスキルを追加 インタラクションを受けるエージェントの定義済みスキルを選択するためのボタン。
  11. 転送を設定する 行動 失敗 インタラクションをキューに転送できない場合はタスク。

    メモ: セキュア・フローに含まれる転送アクションの場合、PureCloud は定義された障害パスをオーバーライドし、コールを切断します。通常のコンサルティング VXML 転送タイプは、セキュア フローで問題になる可能性があります。; したがって、PureCloud はブラインド 転送 を使用します。詳細については、 に関する推奨事項 <transfer> 要素.この現象は、転送 から ACD、ユーザー、外部番号、グループ、その他のフロー、およびボイスメールで発生します。

  12. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

電子メールまたはメッセージフローにACDへの転送アクションを追加する

  1. から ツールボックス、そしてdぼろ ACDに転送 フローシーケンス内の適切な場所へのアクション。
  2. の中に フィールドに、転送アクションのわかりやすい名前を入力します。この名前がフローシーケンスの転送ノードの名前になります。
  3. の中に 優先度 エリア、星をクリックして電子メールまたはメッセージに優先順位を付けます。独自のものを提示したい場合は、別の変数、式、またはリテラル値に優先順位を設定することもできます。 
  4. 最後の部分をクリック キュー フィールドを割り当て、割り当てるキューを選択します。 Eメールまたはメッセージ
  5. フローに言語スキルまたは言語検出を設定するには、次のいずれかを実行します。
    • リストから、フローに割り当てる言語スキルを選択します。
    • 表現モードに切り替えて、必要なものを入力してください。 言語を検出 関数。
      注意言語を検出 functionは、文字列に含まれる表現の言語を決定しようとします。詳しくは、組み込みの資料を参照してください。 式のヘルプ
  6. (オプション)をクリックします。 ACDスキルを追加 を受け取るエージェントの定義済みスキルを選択するボタン 電子メールまたはメッセージ
  7. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

「ユーザーに転送」アクションは、特定のユーザーやエージェントに対話を送信します。このアクションをフローメニューまたはタスクシーケンスに追加できます。フロー設計によって、このアクションをいつどのように使用するかが決まります。

前提条件

コールフローを正常に実行するには、選択したユーザが少なくとも1回PureCloudにログインしている必要があります。

  1. ツールボックスで、転送カテゴリを展開し、ユーザーに転送アクションをフロー メニュー、またはタスク シーケンスの適切な場所にドラッグします。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. [フローメニューのみ] DTMF (プッシュ信号)およびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. DTMF (プッシュ信号)をクリックし、発信者が押すキーを選択し、発信者のデータ エントリ操作を入力します。
    2. 音声認識フィールドに、オプションでメニューオプションに関連付ける単語やフレーズを追加します。
    3. ユーザーがどのメニューからでもこの番号を押して内線を見つけることができるようにDTMF (プッシュ信号)はどのメニューからも、このメニューの選択項目に進むチェック ボックスを選択します。
    4. コール フローのどこかで音声認識エンジンが口頭による要請との一致を返した場合に、インタラクションを現在のメニュー操作に即時に転送するには、いずれかのメニューから、音声認識用語はこのメニューの選択項目に進むチェック ボックスを選択します。
  4. fユーザーリストをクリックし、インタラクションを転送するユーザーを選択します。
  5. ボイスメールへのロールオーバーを許可する下で、未回答の場合に、インタラクションをボイスメールに転送許可するかどうかを選択します。
  6. デフォルトのコールタイムアウト設定を上書きするには、次の手順を実行します。
    1. 接続タイムアウトをクリックします。
    2. 使用 + または  - ボタンを押すか、手動で希望の値を秒またはミリ秒で入力します。
    3. フローが以前に公開されていた場合は、フローを再公開します。この手順により、転送が失敗した場合、既存のフローが設定された障害パスをたどります。
  7. (オプション) 転送前オーディオ下で、音声合成(TTS)を追加するプロンプトまたはオーディオシーケンスを設定するを選択すると、システムがインタラクションを転送する前に発信者に再生されます。
  8. (オプション) 音声転送失敗下で、音声合成(TTS)を追加プロンプトを選択し、またはオーディオシーケンスを設定する を選択すると、転送アクションが失敗を検出した場合、発信者に再生されます。
  9. [フロー タスク のみ ]転送を設定する 行動 失敗 インタラクションをユーザーに転送できない場合はパス。

    メモ: セキュア・フローに含まれる転送アクションの場合、PureCloud は定義された障害パスをオーバーライドし、コールを切断します。通常のコンサルティング VXML 転送タイプは、セキュア フローで問題になる可能性があります。; したがって、PureCloud はブラインド 転送 を使用します。詳細については、 に関する推奨事項 <transfer> 要素.この現象は、転送 から ACD、ユーザー、外部番号、グループ、その他のフロー、およびボイスメールで発生します。

  10. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

この操作は、組織外の電話番号に通話を転送ます。たとえば、このオプション使用して、インタラクションを営業時間外のコールセンターにルーティングしたり、営業時間外に来たインタラクションを別のオフィスに転送したりします。フロー作成者は、宛先の電話番号を事前設定します。発信者は宛先を制御できません。

  1. ツールボックスから、展開します 転送 カテゴリーとドラッグ 番号への転送 フローメニューの適切な場所へのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. (フローメニューのみ)DTMFおよびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. クリック DTMF ダイヤルパッドを押し、発信者が発信者データ入力操作を入力するために押すキーを選択します。
    2. [音声認識]フィールドで、オプションで単語またはフレーズを追加して、メニューオプションに関連付けます。
    3. ユーザーがメニューからこの番号を押して拡張機能を見つけることができるようにするには、 DTMFは、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
    4. 送信するには、 ユーザー場合は、現在のメニューに音声認識エンジンは、どこにでも流れで口頭で要求と一致し、選択 音声認識用語は、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
    5. の中に 音声認識 フィールド、オプションで単語またはフレーズを追加してメニューオプションに関連付けます。
  4. の中に エリアで、このフィールドに宛先電話番号を入力します。
    注意:あなたはここに文字列データを入力することができます、それはあなたが好きなものを入力することを可能にします(数字、文字、ダッシュ、括弧)電話番号に加えて、次を入力できます。
    •  SIP:John.Doe@company.comなどのSIPアドレス。
    •  単語ベースの電話番号(1-800-RENT-NOW)。
    •  コール属性の任意のコールの名前でATTR_NAMEを置き換える形で$(ATTR_NAME) 属性 。この属性使用すると、 Architect初期段階でパラメーターに呼び出し属性セットを設定できます。
  5. (オプション)外部トランク設定でリリースリンク転送機能がアクティブになっている場合は、ブール値を設定します。詳細については、 番号に転送アクション
  6. 上書きするにはデフォルト呼び出すタイムアウト設定PureCloud次の使用可能なグループメンバーにコールを転送する前に使用して、次の手順を実行します。
    1. 接続タイムアウトをクリックします。
    2. 使用 + または  - ボタンを押すか、秒またはミリ秒で適切な値を手動で入力します。
    3. このフローが公開されたフローである場合、再公開します。この手順により、 転送が失敗した転送 、既存のフローが構成済みの障害パスをたどることが保証されます。 
  7. (オプション)下 転送前の音声、プロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを構成する システムが転送する前に再生します。
  8. (オプション) 音声転送失敗下で、音声合成(TTS)を追加プロンプトを選択し、またはオーディオシーケンスを設定する を選択すると、転送アクションが失敗を検出した場合、発信者に再生されます。
  9. (フロータスクのみ)転送アクションの設定 失敗 システムがインタラクションをユーザーに転送できない場合はpath。

    メモ: セキュア・フローに含まれる転送アクションの場合、PureCloud は定義された障害パスをオーバーライドし、コールを切断します。通常のコンサルティング VXML 転送タイプは、セキュア フローで問題になる可能性があります。; したがって、PureCloud はブラインド 転送 を使用します。詳細については、 に関する推奨事項 <transfer> 要素.この現象は、転送 から ACD、ユーザー、外部番号、グループ、その他のフロー、およびボイスメールで発生します。

  10. フローデザインごとにタスク作成を続けます。

「グループに転送」アクションは、特定のPureCloudグループに対話を送信します。このアクションをフローメニューまたはタスクシーケンスに追加できます。フロー設計によって、このアクションをいつどのように使用するかが決まります。

前提条件

コールフローを正常に実行するには、選択したユーザが少なくとも1回PureCloudにログインしている必要があります。

注意:グループはPureCloudで管理者によって作成されます。 PureCloudグループの詳細については、 グループ管理ページ

  1. から ツールボックス拡大する 転送 カテゴリをドラッグして グループに転送 フローメニューまたはタスクシーケンス内の適切な場所へのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. [フローメニューのみ] DTMF (プッシュ信号)およびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. クリック DTMF そして、発信者がデータ入力操作に入るために押すキーを選択します。
    2. の中に 音声認識 フィールド、メニューオプションに関連付けることができる単語やフレーズをオプションで追加します。
    3. ユーザが内線番号を見つけるために任意のメニューからこの番号を押すことを許可するには、 DTMFは任意のメニューcからこのメニュー選択に行きます一体ボックス。
    4. 音声認識エンジンがフロー内のどこかで口頭の要求に一致する場合に、対話を現在のメニュー操作に直ちに送信するには 音声認識用語は、どのメニューからでもこのメニュー項目に移動します。 チェックボックス
  4. クリック グループ コールを転送する先のグループをリストして選択します。
  5. ボイスメールへのロールオーバーを許可する次のいずれかを実行します。
    • 未回答のインタラクションをグループのボイスメールに転送することを許可するには、[次へ]を選択します。 本当
    • 未回答のインタラクションをグループのボイスメールに転送しないようにするには、[
  6. デフォルトのコールタイムアウト設定を上書きするには、次の手順を実行します。
    1. 接続タイムアウトをクリックします。
    2. 使用 + または  - ボタンを押すか、手動で希望の値を秒またはミリ秒で入力します。
    3. フローが以前に公開されていた場合は、フローを再公開します。この手順では、失敗した転送に対して既存のフローが設定された障害パスを確実にたどります。 
  7. (オプション) 転送前オーディオプロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを設定する システムがコールを転送する前に発信者に再生します。
  8. (オプション) 音声転送失敗、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加します。 または オーディオシーケンスを設定する 転送アクションが失敗を検出した場合、発信者に再生されます。
  9. [フロータスクのみ]転送を設定します 行動 失敗 インタラクションをグループに転送できない場合のパス。

    メモ: セキュア・フローに含まれる転送アクションの場合、PureCloud は定義された障害パスをオーバーライドし、コールを切断します。通常のコンサルティング VXML 転送タイプは、セキュア フローで問題になる可能性があります。; したがって、PureCloud はブラインド 転送 を使用します。詳細については、 に関する推奨事項 <transfer> 要素.この現象は、転送 から ACD、ユーザー、外部番号、グループ、その他のフロー、およびボイスメールで発生します。

  10. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

このアクションは、現在の対話をこのサーバー用に定義されている別のインバウンドフローに転送し、すべてのフロータイプ(インバウンド、アウトバウンド、またはキュー内)から利用できます。これは、アウトバウンド処理が対話をインバウンド処理に送信する必要がある場合に特に役立ちます。フローメニューまたはタスクシーケンスに[Transfer to Flow]アクションを追加できます。フロー設計によって、このアクションをいつどのように使用するかが決まります。

  1. から ツールボックス拡大する 転送 カテゴリをドラッグして フローへ転送 フローメニューまたはタスクシーケンス内の適切な場所へのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. [フローメニューのみ] DTMF (プッシュ信号)およびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. DTMF (プッシュ信号)をクリックし、発信者が押すキーを選択し、発信者のデータ エントリ操作を入力します。
    2. の中に 音声認識 フィールド、メニューオプションに関連付けることができる単語やフレーズをオプションで追加します。
    3. ユーザーがどのメニューからでもこの番号を押して内線を見つけることができるようにDTMF (プッシュ信号)はどのメニューからも、このメニューの選択項目に進むチェック ボックスを選択します。
    4. 音声認識エンジンがフロー内の任意の場所で口頭の要求に一致した場合に発信者を現在のメニュー操作にすぐに送信するには、[]を選択します。 音声認識用語は、どのメニューからでもこのメニュー項目に移動します。 チェックボックス
  4. クリック 着信コールフロー 転送先のインバウンドフローをリストして選択します。 インタラクション
  5. (オプション) 転送前オーディオプロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを設定する システムがを転送する前に発信者に再生する インタラクション
  6. (オプション) 音声転送失敗、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加します。 または オーディオシーケンスを設定する 転送アクションが失敗を検出した場合、発信者に再生されます。
  7. [フロータスクのみ]転送を設定します 行動 失敗 通話をインタラクションに転送できない場合のパス。

    メモ: セキュア・フローに含まれる転送アクションの場合、PureCloud は定義された障害パスをオーバーライドし、コールを切断します。通常のコンサルティング VXML 転送タイプは、セキュア フローで問題になる可能性があります。; したがって、PureCloud はブラインド 転送 を使用します。詳細については、 に関する推奨事項 <transfer> 要素.この現象は、転送 から ACD、ユーザー、外部番号、グループ、その他のフロー、およびボイスメールで発生します。

  8. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

このアクションは、現在のやり取りを安全なデータを含む公開済みのフローに転送します。選択したフローがシステムから削除されて存在しなくなり、この転送アクションを更新しなかった場合、フローはこのアクションステップで失敗します。未公開のフローを選択した場合、Architectは警告メッセージを送信します。 フローメニューまたはタスクシーケンスに[Transfer to Flow]アクションを追加できます。フロー設計によって、このアクションをいつどのように使用するかが決まります。

  1. から ツールボックス拡大する 転送 カテゴリをドラッグして セキュアフローへの転送 フローメニューまたはタスクシーケンス内の適切な場所へのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. [フローメニューのみ] DTMF (プッシュ信号)およびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. DTMF (プッシュ信号)をクリックし、発信者が押すキーを選択し、発信者のデータ エントリ操作を入力します。
    2. の中に 音声認識 フィールド、メニューオプションに関連付けることができる単語やフレーズをオプションで追加します。
    3. ユーザーがどのメニューからでもこの番号を押して内線を見つけることができるようにDTMF (プッシュ信号)はどのメニューからも、このメニューの選択項目に進むチェック ボックスを選択します。
    4. 音声認識エンジンがフロー内の任意の場所で口頭の要求に一致した場合に発信者を現在のメニュー操作にすぐに送信するには、[]を選択します。 音声認識用語は、どのメニューからでもこのメニュー項目に移動します。 チェックボックス
  4. クリック セキュアコールフロー ドロップダウンリストをクリックして、転送先のセキュアフローを選択します。 インタラクション
  5. 呼び出しデータ、安全なフローに渡す文字列値を追加します。
    注意:このフィールドには、クレジットカード番号などの機密データや安全なデータを含めないでください。
  6. 下 転送前オーディオプロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを設定する システムがを転送する前に発信者に再生する インタラクション
  7. 音声転送失敗、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加します。 または オーディオシーケンスを設定する 転送アクションが失敗を検出した場合、発信者に再生されます。
  8. [フロータスクのみ]転送を設定します 行動 失敗 通話をインタラクションに転送できない場合のパス。

    メモ: セキュア・フローに含まれる転送アクションの場合、PureCloud は定義された障害パスをオーバーライドし、コールを切断します。通常のコンサルティング VXML 転送タイプは、セキュア フローで問題になる可能性があります。; したがって、PureCloud はブラインド 転送 を使用します。詳細については、 に関する推奨事項 <transfer> 要素.この現象は、転送 から ACD、ユーザー、外部番号、グループ、その他のフロー、およびボイスメールで発生します。

  9. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

前提条件

電流を転送するために、このアクションを使用してインタラクションに直接PureCloud ユーザーさん、キューの、またはグループのボイスメール。ボイスメールへの転送は、インバウンド、アウトバウンド、およびキュー内フロータイプで利用できます。ボイスメールへの転送アクションをフローメニューまたはタスクシーケンスに追加できます。このアクションを実装するときは、次のことを考慮してください。

  • あなたが選択した場合は削除ユーザーまたはキューシステムからの、あなたは、この転送アクションを更新しない、流れは、このアクションの段階で失敗しました。
  • 組織でボイスメールが有効になっていない場合、 Architectはエラーメッセージを返します。
  • PureCloudユーザがボイスメールを設定していない場合、そのユーザの名前はグレー表示され、選択できません。

メモ
  • 発信者がボイスメールメッセージを完成したら、DTMF番号を押して録音を終了できます。システムは発信者に設定不可のメニューを表示します。このメニューでは、デフォルトで音声認識が有効になっています。メッセージの送信、確認、再録音、およびキャンセルの各オプションがあります。発信者はボイスメールを送信して通話を終了するために電話を切ることもできます。
  • 最大メッセージ長は3分です。発信者が最大長に達すると、システムは「最大メッセージ長に達しました」と再生する設定不可能なメッセージを表示します。このメッセージの後には、同じ設定不可能なメニューが続きます。ここでは、デフォルトで音声認識が有効になっています。メッセージの送信、レビュー、再録音、およびキャンセルの各オプションがあります。発信者はボイスメールを送信して通話を終了するために電話を切ることもできます。
  • このアクションでは、時に発信者退出ではなく、ボイスメールキューにいる間、 待ちエージェントに接続するには、 インタラクション音声の優先順位を保持インタラクション 、および次の使用可能なエージェントにボイスメールのルートを。

  1. から ツールボックス、展開する 転送 カテゴリーとドラッグ ボイスメールに転送 フローメニューまたはタスクシーケンスへのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. (コールフローメニューのみ)DTMFおよびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. DTMF (プッシュ信号)をクリックし、発信者が押すキーを選択し、発信者のデータ エントリ操作を入力します。
    2. (オプション) 音声認識 フィールドに、メニューオプションに関連付けることができる単語またはフレーズを追加します。
    3. ユーザーメニューからこの番号を押すことを許可するには、 DTMFは、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
    4. 音声音声認識エンジンがフロー内の任意の場所で口頭のリクエストに一致した場合、現在のメニュー操作にインタラクションをすぐに送信するには、 音声認識用語は、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
  4. 転送先、 以下をせよ:
    1. 選択する ユーザー
    2. ボイスメールを転送するグループを選択します。
  5. 転送前の音声、プロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを構成する システムが転送する前に発信者に対して再生する。
  6. 失敗した転送音声、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加し、 または オーディオシーケンスを構成する 転送アクションが障害を検出した場合に再生します。
  7. (コールフロータスクのみ)転送アクションを設定します。 失敗 インタラクションをユーザーのボイスメールに転送できない場合のパス。

    メモ: セキュア・フローに含まれる転送アクションの場合、PureCloud は定義された障害パスをオーバーライドし、コールを切断します。通常のコンサルティング VXML 転送タイプは、セキュア フローで問題になる可能性があります。; したがって、PureCloud はブラインド 転送 を使用します。詳細については、 に関する推奨事項 <transfer> 要素.この現象は、転送 から ACD、ユーザー、外部番号、グループ、その他のフロー、およびボイスメールで発生します。

  8. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

  1. から ツールボックス、展開する 転送 カテゴリーとドラッグ ボイスメールに転送 フローメニューまたはタスクシーケンスへのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. (コールフローメニューのみ)DTMFおよびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. DTMF (プッシュ信号)をクリックし、発信者が押すキーを選択し、発信者のデータ エントリ操作を入力します。
    2. オプショナル の中に 音声認識 フィールドに、メニューオプションに関連付けることができる単語またはフレーズを追加します。
    3. ユーザーメニューからこの番号を押すことを許可するには、 DTMFは、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
    4. 音声音声認識エンジンがフロー内の任意の場所で口頭のリクエストに一致した場合、現在のメニュー操作にインタラクションをすぐに送信するには、 音声認識用語は、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
  4. 転送先、 以下をせよ:
    1. 選択する キュー
    2. インタラクションを転送するキューを選択します。
  5. 転送前の音声、プロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを構成する システムが転送する前に発信者に対して再生する。
  6. 失敗した転送音声、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加し、 または オーディオシーケンスを構成する 転送アクションが失敗を検出した場合に発信者に再生します。
  7. 下 ボイスメールの挨拶、プロンプトを選択する、テキストを音声に追加する、または オーディオシーケンスを構成する システムの後、発信者に再生するために転送 インタラクション
  8. ボイスメールコールバック設定、voicemail コールバック設定を構成します。
    • (オプション) 呼び出し先名:コールバックで使われる名前 
    • コールバック番号:コールバックの目的で発信者の電話番号を指定する文字列式。例えば、 ToPhoneNumber(Call.Ani)。このフィールドは必須であり、空白にはできません。
      注意:フローでコールコールバックアクションを作成する場合、ベストプラクティスでは、コールデータ アクションとオーディオシーケンスをペアリングし、発信者に別の番号を提供するオプションを与える入力データアクションを収集することをお勧めします。詳細については、 コールバック電話番号を作成する
  9. ボイスメールスクリプトの設定、適切な選択スクリプトエージェントが中に使用するコールバック 。
  10. インプット、選択したスクリプトに応じて、オプションでデフォルト スクリプト入力設定を変更します。
  11. (コールフロータスクのみ)転送アクションを設定します。 失敗 対話をキューのボイスメールに転送できない場合のパス。

    メモ: セキュア・フローに含まれる転送アクションの場合、PureCloud は定義された障害パスをオーバーライドし、コールを切断します。通常のコンサルティング VXML 転送タイプは、セキュア フローで問題になる可能性があります。; したがって、PureCloud はブラインド 転送 を使用します。詳細については、 に関する推奨事項 <transfer> 要素.この現象は、転送 から ACD、ユーザー、外部番号、グループ、その他のフロー、およびボイスメールで発生します。

  12. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。

  1. から ツールボックス、展開する 転送 カテゴリーとドラッグ ボイスメールに転送 フローメニューまたはタスクシーケンスへのアクション。
  2. 名前フィールドに、転送アクションの有意義な名前を入力します。この名前は、フロー メニューで転送ノード名になります。
  3. (コールフローメニューのみ)DTMFおよびオプションの音声認識設定を設定します。
    1. DTMF (プッシュ信号)をクリックし、発信者が押すキーを選択し、発信者のデータ エントリ操作を入力します。
    2. (オプション) 音声認識 フィールドに、メニューオプションに関連付けることができる単語またはフレーズを追加します。
    3. ユーザーメニューからこの番号を押すことを許可するには、 DTMFは、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
    4. 音声音声認識エンジンがフロー内の任意の場所で口頭のリクエストに一致した場合、現在のメニュー操作にインタラクションをすぐに送信するには、 音声認識用語は、任意のメニューからこのメニュー選択に移動します チェックボックス。
  4. 転送先、 以下をせよ:
    1. 選択する グループ
    2. インタラクションを転送するグループを選択します。
  5. 転送前の音声、プロンプトを選択する、音声にテキストを追加する、または オーディオシーケンスを構成する システムが転送する前に発信者に対して再生する。
  6. 失敗した転送音声、プロンプトを選択し、音声にテキストを追加し、 または オーディオシーケンスを構成する 転送アクションで障害が発生した場合に発信者に対して再生します。
  7. (コールフロータスクのみ)転送アクションを設定します。 失敗 インタラクションをグループのボイスメールに転送できない場合のパス。

    メモ: セキュア・フローに含まれる転送アクションの場合、PureCloud は定義された障害パスをオーバーライドし、コールを切断します。通常のコンサルティング VXML 転送タイプは、セキュア フローで問題になる可能性があります。; したがって、PureCloud はブラインド 転送 を使用します。詳細については、 に関する推奨事項 <transfer> 要素.この現象は、転送 から ACD、ユーザー、外部番号、グループ、その他のフロー、およびボイスメールで発生します。

  8. フロー設計に従ってタスクの構築を続けます。