2016年04月13日


プラットフォーム

新機能と機能性

  • パブリックAPIバージョン2.0 
    • PureCloud プラットフォーム Public APIのバージョン2.0が利用可能になりました。のドキュメントにアクセスできます D開発者センター。ハイライトは次のとおりです。

      • ユーザーデータモデルが更新され、追加の拡張クエリパラメーターを使用してディレクトリAPIで動作するようになりました。
      • Collaborate 検索 /から入手可能になりました検索 。
      • レート制限は現在、1分間で900リクエストに制限されています。関連するHTTP 応答ヘッダーは inin-ratelimit-allowed inin-ratelimit-count、 そして inin-ratelimit-reset
      • エラーコードは、ドキュメントに表示されるようにAPIで指定する必要があります。
      • SelfUriは絶対パス参照です(ホストが含まれなくなりました)。例えば:/api/v2 /ユーザー/私。
      • すべてのログインリソースが削除されました。/ loginまたは/ auth / sessionsの代わりにOAuth 2.0フローを使用します。
      • / sessionsリソースが削除されました。
      • 認証トークンは、HTTPヘッダーの「Authorization:担い手 <token>’。
      • デフォルトの要求タイムアウト今10秒です。

      APIコンシューマーは、できるだけ早くバージョン2.0に移行することを強くお勧めします。バージョン1.0のサポートは、6〜12か月以内に終了します。今後数か月のうちに、バージョン1.0のサポートに関する追加情報を受け取ることになります。

統合

Bridge サーバー

  • フォールトトレランスの改善。
  • スループットと安定性の向上。
  • クラウド接続の安定性が向上しました。
  • データ送信エラー検出を追加しました。
  • PureCloud再接続の問題を解決しPureCloud 。
  • PureCloudへの接続が失敗したときのリソースリークを解決しました。