スクリプト入力変数と出力変数


文字列、数値、およびブール変数は 入力 そして 出力 プロパティ変数が 入力 財産は はいその値は外部データソースによって設定できます。変数が 出力 財産は はいその値は対話オブジェクトに保存され、呼び出しが終了した後にプログラムで取得できます。これらの特性は相互に排他的ではありません。いずれかまたは両方を変数に対して有効にできます。

これらのプロパティを有効にした変数は、入力変数、出力変数、またはその両方と呼ばれます。これらの用語を理解する方法は次のとおりです。

  • 変数は 入力変数 InputプロパティがYesの場合その値は からの入力 Architectコールフローなどの外部ソース。

  • OutputプロパティがYesの変数は 出力変数。スクリプトが実行されると、変数に割り当てられた値はスクリプト外で使用するために保存されます。その値は に出力 スクリプト実行時の外部ストレージ

  • 両方のプロパティをyesに設定できるので、変数は入力変数と出力変数の両方になることができます。

動的変数を入力変数または出力変数として使用することはできません。

新しい変数の場合、入力と出力は両方ともデフォルトのnoになります。変数を使用する既存のスクリプトがある場合、PureCloudはそれらの変数の入力と出力をyesに設定するので、スクリプトは下位互換性があります。

出力プロパティ

出力 propertyを使用すると、データアクションを設定したり、連絡先リストに補足列を追加したりすることなく、呼び出し終了後に使用するスクリプト変数の値を格納できます。「出力」が「はい」に設定されていると、このスクリプト変数の値が会話オブジェクトに書き込まれます。その保存された値は、顧客の外部プロセスによってプログラムで取得できます。変数を出力変数変数として使用するには、有効にします 出力. スクリプトの実行中にこの変数の値が変わると、会話オブジェクトは3秒で更新されます。

会話オブジェクト内のキーと値のペア

変数は、キーと値のペアとして対話オブジェクトに書き込まれます。プラットフォームAPIを使ってそれらを取得することができます。 会話エンドポイント。変数名をキーとして使用して会話の参加者属性オブジェクトを照会します。

"participants": [
  {
    "attributes": {
      "scripterOutputVariable1": "value",
      "scripterOutputVariable2": "value"
    },
],
  • 出力のみが該当する場合、スクリプトはデータをエージェント参加者に添付します。
  • 入力と出力の両方が真の場合、スクリプトはデータが見つかった参加者にデータを添付します。ほとんどの場合、それはカスタマー参加者です。それ以外の場合、デフォルトの場所はエージェントの参加者です。

    例えば、 もし データが来る から アーキテクト スルー 入力変数 それから Architectを配置 可変データ カスタマー参加者 そして 今後のアップデート それ 変数オーバーライド カスタマー参加者

メモ:PureCloudは出力変数をv2 / conversationsに追加します。

データアクションと出力変数

スクリプトからデータを保存する外部データアクション方法は、複雑な情報を出力してからストアドプロシージャを介してデータベースに転送する必要があるカスタマーに適しています。Outputプロパティを使用すると、スクリプトで収集したデータを簡単に保存できます。

  • [出力]を[はい]に設定すると、文字列、数値、またはブール変数が、検索、取得、および関連付けが容易なキー/値ペアとしてパブリックAPIの会話エンドポイントに書き込まれます。

  • このプロセスを使用して動的変数とオブジェクト変数を格納することはできません。複雑なオブジェクトデータや動的変数を保存するには、代わりにデータアクションを使用してください。


入力プロパティ

入力 propertyは、この変数の値をArchitectコールフローなどの外部ソースによって設定できるかどうかを示します。入力データを受信する変数の入力を「はい」に設定します。InputがNoに設定されていると、外部ソースが値を送信しても、変数は外部値を受け入れません。変数を使用するには、 入力変数 、有効 入力.